【doda新卒エージェントの口コミ】元就活生からのリアル体験談、ぶっちゃけこうだった

「doda新卒エージェント」をご存知でしょうか?

業界でも言わずと知れたパーソルキャリアという会社が提供する、新卒向けの就職支援サービスです。

今回はそんな「doda新卒エージェント」を利用したことがある元就活生の体験談をご紹介したいと思います。

これから就職活動を控えている学生さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【2020年11月:21卒就活 最新動向】

「11月は内定辞退などにより、急遽採用活動を再開する企業が多く、チャンスの月」

例年11月は秋採用の時期になります。

内定式に参加した学生の中には、内定辞退をする学生が少なからずいます。そのため企業は急遽採用活動を再開するケースが例年発生しています。

つまり、この時期内定を獲得しやすい時期になっています。

特にこれからご紹介する就活エージェントを活用すれば、早期に内定を獲得できること間違いなしです。

無料で就活のプロにアドバイスをもらい、早期に内定を獲得しましょう。

1. 男性25歳、社会人4年目。営業職のAさん(仮名)

社会人4年目のAさん(男性)の体験談です。

現在25歳、社会人4年目になります。仕事は販売店にて営業職として務めております。

就活の際は、dodaの新卒エージェントを利用していました。

他にもいくつかサービスを利用していましたが、個人的には一番良くしてくれた印象があります。

dodaに対して、好感を抱いている印象ですね。

就活エージェントを活用したことがないために、魅力をよく知らない人のために、エージェントを使うことのメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

2. 就活エージェントを使うことのメリット

2-1. 自分の分身が、自分の代わりに就職活動してくれるところ

1つ目のメリットは、Aさんの体験談にもあるように、自分の分身がご自身に代わり、就職活動してくれるところです。

例えば、新しい友達を作りたいとき、そう簡単にできないこともありますよね?ときには、友達から紹介されて友達が増えたこともあると思います。エージェントはそれに近いです。

自分の強み弱み、今までの経験などをエージェントが把握して、自分の代わりに企業に伝えてくれます。

自分ひとりで企業にPRし続けるのは、限界があります。

エージェントを上手く利用することで、効率よく就職活動することができます。

2-2. 新しい自分に出会える点

2つ目のメリットは、新しい自分に出会える点です。

就職活動とは、自分をいかに表現できるかが重要です。

エージェントにこれまでの自分の経験を伝えることで、過去を振り返り、自分の棚卸しができます。

加えて、エージェントの質問に繰り返し答えていくことで、自分自身ででまた考えるきっかけになり、価値観や思考、行動が分析でき、新しい発見できるのです。

実際に、私の大学生時代の就職活動を思い出すと、自分の今までの人生について、棚卸しをする機会はありませんでした。恐らく、これは私だけではないでしょう。

そして、そのような人生の棚卸しの機会というのは、就職活動のタイミングが最初で最後という人が大半だと思います。

自分ひとりでは、どうしても時間がかかりますし、曖昧のまま終わってしまうこともあるでしょう。浅い棚卸しでは、面接時にPRするときも、深みのない浅いPRになり、面接官には響きません。

エージェントに手助けしてもらうことで、より深い棚卸ができ、考える時間も短縮できるでしょう。

3. 就活エージェントを使うことのデメリット

3-1. 自分の思ってもいない会社からのオファーを受けてしまうこと

1つ目は、自分の思ってもいない会社からのオファーを受けてしまことです。

いくらプロのエージェントでも、細かな希望まで全て把握することはできません。自分の思いと異なるように捉えられてしまうこともあるでしょう。

そういった場合、思ってもいない会社からオファーがきて、その処理をすることに時間がかかってしまいます。

3-2. 就活エージェントを複数登録すると無駄な時間が発生する

デメリット2つ目は、エージェントをいくつも登録したとき、無駄な時間が発生する可能性があるという点です。

例えば、4つのエージェントを利用する場合、4つの自分の分身ができるメリットはありますが、それぞれに自分を伝えなくてはなりません。

そして、それぞれから、いろいろなオファーや質問、依頼が来ることにもなります。

そのせいで、ミスマッチがある会社を紹介されてしまうと、処理に時間がかかり、非常に無駄な時間が発生します。

学生さんは、複数のサイトに登録して多くの情報を仕入れようとします。アンテナを高くはり、情報をたくさん仕入れることは間違いではありません。

しかし、登録しすぎて全てが曖昧になってしまっては、貴重な時間をロスしてしまう場合もありますので、2社ぐらいに絞り、自分により近い分身を作ることで、効率のよい就職活動ができると思います。

4. まとめ

実際に活用してみたひとの体験談では、doda新卒エージェントは、自分の分身のような存在で、一番よく動いてくれる存在であったと語っています。

最近は、複数のエージェントを使用することも主流になりつつありますが、窓口を広げすぎると管理が煩雑になりすぎてあまりオススメはできません。

そのため、2社程度に絞り、じっくりと向き合う時間を作ることが大切です。

doda新卒エージェントに加えて、

他に21就活生から評判のいい就活サービスとして、下記があげられます。

それぞれの詳細はこちらを参考にしてみてください。

サービスを比較したい方はこちらのランキングも参考にしてみてください。

【2021卒最新版】おすすめ就活サービス4選

それでは、あなたの就職活動の成功を願っています。

関連記事

【キャリアセレクト(Career Select)の評判・口コミ】ITエンジニアに...

新卒でWebエンジニアになるには?その方法について伝授

サービス終了【就活ドラフトの評判】田舎でも使える就職支援サービスが恐ろしく便利...

【ミーツカンパニー(Meets Comapany)の評判】怪しい?即日内定がでる...

【VIVIVIT(ビビビット)の評判】クリエイター志望の学生と企業のマッチングツ...

【リアライブ就活エージェントの評判】早期イベント開催回数No.1ってホント?口コ...