fbpx
ニクリーチ

【ニクリーチの評判】ニクリーチは人事や経営者の方が本当にお肉を食べに連れて行ってくれるのか?

今、話題の就職支援サービス「ニクリーチ」なんと言っても特徴的なのは、ネーミングの通り、「肉(ニク)!」人事や経営者の方が、「お肉」を食べに連れて行ってくれるらしい。

一見信じがたいこのサービス。本当か嘘かその実態や評判を調べてみました。

【2021年5月時点:22卒最新情報】

「5月は内定獲得を目指した動きを!」

21卒の内定率は69.8%と前年同時期より7ポイント低下しております。

22卒はまだ見通しが立たない業種や企業も多いですが、21卒よりも状況は悪化する可能性が高いです。

動き出しは早めにすることはもちろんですが、既に内定獲得をしていないと状況的には厳しいと言わざるを得ません。

そのため、早期に内定を獲得できるようなプロのエージェントから協力を得て、4月中には内定獲得を目指すようにしましょう。

Meets Company(ミーツカンパニー)であれば、就活生の4人に1人が利用しているサービスとして認知度があり全国規模でマッチングイベントを開催しているので、地方に住む就活生にも利用出来ます。

自分に合った企業を紹介してくれるので、利用しない手はないでしょう。

就活のプロを賢く利用して月内の内定獲得を目指しましょう。

1. 「ニクリーチ」とはどんなサービス?

ニクリーチとは、「ビズリーチ」で有名なビズリーチ社が手掛ける新卒者向けダイレクトリクルーティングサービス。

「ダイレクトリクルーティング」という言葉を聞いて聞き慣れない方もいるかもしれませんが、求職者(学生)側が登録すると、待っているだけで企業からスカウトメールを送ることが出来る仕組みのことを言います。

ニクリーチの場合、スカウトメールにも2種類あります。

一つはお肉を企業の人がご馳走してくれるというもの。

もう一つはお肉のご馳走はないが、説明会や面談に招待してくれるというもの。

学生にとっては登録料が無料なうえに、スカウトされればお肉を食べに連れて行ってくれるというとってもお得なサービスです。

お肉を食べに連れて行ってくれるという噂は本当?
本当に、ただで焼肉を食べられるなんていう、おいしい話があるのか?

お肉に連れて行ってくれることもあります。お肉だけでなく、ランチの場合もあるそうです。

ただ、あくまでもそれは、企業側にとって評価が高い学生のみ。

そうでない学生にはそもそもスカウトがこなかったり、スカウトが来ても、お肉やお食事の招待はなしの説明会や面談への招待となるでしょう。

お肉にありつける学生は、学歴フィルターにかけられている!?そもそも学歴フィルターって?

ここだけの話、「学歴フィルター」でも判断されているのです。

「学歴フィルター」は学歴によって学生を区別しているアレです。

具体的に言えば、全国的に言えば、旧帝大(北大、東北、東大、阪大、京大、名大、九州大)や関東圏では早慶上智、MARCHクラス、関西では関関同立クラス以上というところでしょうか。

ニクリーチに登録しているベンチャー企業はどこの会社も大体この層の学生を常に求めています。

確証はないですが、大体登録型のサービスで対面でなく、メールなどでいきなり面談のセッティングやましてやお肉など、お食事の場が用意されるということは、企業も経費をかけてますので(3,000円のランチだとして、2〜3人だと、6,000円〜9,000円)慎重になります。

ということは、会う前からハズレを少なく優秀な学生に会う確率を増やさないといけません。

そこで、企業が利用しているのが学歴フィルターです。

ニクリーチの登録企業が全社、学歴フィルターを利用しているかは定かではありませんが、利用している企業はあるでしょう。

ただ、需要と供給のギャップが生まれていることも事実です。

需要(求人企業の全体採用数)、供給(MARCH以上の全体の学生数及び志向性としてベンチャー以外)にミスマッチが生じています。

つまり求人企業数や採用人数が学生数を上回っています。

その為、基本はMARCH以上の学生は成長ベンチャー企業の中では争奪戦という様相になっています。

『ニクリーチ』公式サイト

https://29reach.com/

2. ニクリーチの評判

気になるニクリーチの評判ですが、お肉や食事に連れて行ってくれるという噂は本当みたいです。

ただ、登録すれば誰でも連れて行ってくれるというわけではないので、注意が必要です。

2-1. 良い評判

登録後にいい評価を受けた企業からお肉やお食事のお誘いを受けられる。

企業の人事や経営者から選考ではなく、ざっくばらんな雑談の中より就活や働く上で有意義な情報を聞くことが出来る。

2-2. 良くない評判

登録したのに、全然スカウトがこない。

スカウトのメールは届くが、お肉のお誘いではない。

以上、それぞれ良い評判、良くない評判を上げてみました。

いずれにしても登録は無料であわよくば無料で焼肉やお食事に連れて行ってもらえる、しかも企業の事情など聞けて就活や働く上でも参考になることが聞ける。

といった点でニクリーチは活用したほうがいいサービスであると思います。

3. ニクリーチはどのような人に向いている?

ビズリーチ社が手掛ける、学生向けのダイレクトリクルーティングサービス「ニクリーチ」お肉をタダで食べさせてもらえるという点がフォーカスし過ぎていますが、純粋に自身の人財としての客観的な市場価値を知りたい方は是非とも活用すべきです。

ただ、ニクリーチに登録した方が良い学生、しても良い学生がいますので、下記ご参考にしてくださればと思います。

3-1. ニクリーチに登録した方が良い学生

自身がスカウトされてみたいという肉食な人事に会いたい学生

お肉を食べたい学生

自身の客観的な市場価値を知りたい学生

学歴がMARCH、関関同立以上の学生

3-2. ニクリーチに登録しても良い学生

お肉を食べたい学生

スカウトされてみたい学生等

企業側が有利というか企業目線でのサービス設計になっています。(スカウティングはあくまで、求人企業側が興味がない求職者をハンティングする要素が強いため。その為、自社にあいそうな学生には熱烈なラブコールをする可能性は高いですが、そうではない学生には、案外冷たい企業もあることでしょう。)

4. まとめ

もしかしたら、お肉のお誘いがあるかも?

是非とも試してみてはいかがでしょうか。

他に就活生から評判のいい就活サービスとして、『Meets Company(ミーツカンパニー)があげられます。

就活生の4人に1人が利用しているマッチングイベントを提供しています。あなたに合った企業に出会えるだけでなく、スピーディーな内定獲得も可能なサービスとなっています。

全国が対象となっているので、地方に住む就活生でも安心して利用出来ます。

ミーツカンパニー(Meets Comapany)』公式サイト

https://www.meetscompany.jp/

他にも就活生から評判のいい就活サービスとして、下記があげられます。求人数が多くサポートも充実している就活エージェントを紹介していますので、2社以上登録することをおすすめします。

  • 自由なスタイルと寄り添い型の就活サービスが人気DiG UP CAREER
  • 3年後の自分を見据えたキャリアプランニングをしてくれるJobSpring
  • ITエンジニアを目指すなら『レバテックルーキー
22卒におすすめの就活エージェント「Meets Company」
無料登録はこちら
22卒におすすめの就活エージェント「Meets Company」
無料登録はこちら