就活生が面接前に緊張を和らげる7つの方法

皆さんは面接前にどのようなことをしますか?面接対策のノートを見直したり、あえて面接のことは深く考えないようにしたり人それぞれだと思います。

そんな中、「面接で緊張して頭が真っ白になったらどうしよう」「緊張しておなかが痛くなってしまう気がする…」など、緊張して面接に支障が出たらどうしようと感じる方は少なくないと思います。

そこで今回は、面接前にしておく緊張を和らげるおすすめの方法を7つご紹介します。これを読んで面接前の緊張に負けない強い心を手に入れましょう!

【2020年12月時点最新情報】

「12月は年内最後の月。年内決着を目指して頑張ろう!」

20卒の内定率は69.8%と前年同時期より7ポイント低下しております。

新型コロナウイルスによる影響が大きいですが、業種によれば、まだまだ採用を募集している企業も数多く存在します。

ただし、そのような会社は年内ですぐ採用枠が埋まってしまう為12月中に内定獲得を目指す必要があります。

そのため、下記のような就活エージェントを活用すれば、早期に内定を獲得できること間違いなしです。

年明け(2021年1月以降)からは2022年卒の就活も本格化していきますので、20卒向けの求人が大幅に減少する可能性もあります。年内決着を目指して頑張りましょう。

1. ツボ押しマッサージをしてみる

まずは、面接直前までできるツボ押しマッサージをご紹介します。

合谷(ごうこく)

「合谷」というツボをご存知ですか?親指と人差し指の付け根にあるくぼみにあるツボで、自律神経の乱れをただす働きをするといわれています。そのため、緊張に効くツボとしてよく挙げられます。合谷は、痛気持ち良いくらいの強さでゆっくりと押すのが効果的です。

神門(しんもん)

神門は手首の小指側のくぼんでいる部分にあるツボです。心にかかわるツボと言われていて、不安や動悸などの症状に効きます。押し方は、親指以外の指で手首を抑えながら親指で押します。 ツボ押しマッサージの

1-1. メリット

面接の直前までできる

1-2. デメリット

やり方によって効果を感じにくい人もいる。

2. 音楽を聞いてみる

次に、電車や歩いている途中に聞くと安心したり、元気になれる音楽をご紹介します。

2-1. 自分の好きな音楽

好きな音楽を聞くと、緊張、不安、などのストレスが軽減すると言われています。さらに普段リラックスしている時に聞く音楽を聞くと、自分がリラックスしている時の状態が呼び出され更にリラックス効果が高まります。プロのスポーツ選手やアスリートの方もこの方法を使っているくらい有名な方法です。

2-2. クラシックやヒーリング音楽を聞く

クラシックは、α波と呼ばれるストレスを抑え心がリラックスできる脳波が出やすい音楽と言われています。特にモーツァルトの曲はどれもα波が出やすいと言われています。また、小川のせせらぎや、海の波の音、など自然音もリラックス効果が高いです。ちなみに人によってはゆったりとした音楽よりも、メタルなどの激しい音楽でリラックスできる人もいるようです。 このメリット:リラックス効果が科学的に証明されているため、効果が感じやすい 好きな曲だとモチベーションが上がる

2-3. デメリット

普段から音楽をあまり聞かない場合逆に不安になってしまうこともある。

3. アロマを身に着けてみる

最近注目されているリラックス効果を得られるアロマオイルをご紹介します。

ストレスや緊張をほぐすのに効果的な香りはラベンダーが有名です。

ほかにもジャスミンやローズの香りも効果があると言われています。

また、気持ちが落ち着かないときは柑橘系の香りが効果的と言われていて、オレンジ、ライム、などの香りが良いと言われています。

また、柑橘系の香りは精神疲労にも効くため、面接の前後にあると安心できますね。

アロマと聞くと、アロマポットやキャンドルなどの道具が必要なのでは?

と思う方もいるかもしれませんが、ティッシュやハンカチに2,3滴たらすだけで半日は香りが持つので気軽に持ち歩くことができます。

ただ、皮膚が弱い方やアレルギーのある方は注意が必要なので事前に確認しておくことをおすすめします。

3-1. メリット

面接直前までできる、マッサージと比較すると効果を感じやすい

3-2. デメリット

単価が高いので他の方法よりコストが高い。

4. 自分でジンクスを作る

条件付けを応用したジンクスを作る方法をご紹介します。

昔からよく言われている人という字を3回書いて飲み込むというおまじないに似ています。

例えば、「靴下を左から履くといい結果が出る」や「最寄りの駅で水を買って行った時の面接は合格したから気合を入れる面接前はまた同じ場所で水を買おう」など自分で前向きになれるおまじないを作ります。

ほかにも、中学生の時から気合を入れる時はジャケットの右腕から手を通している、など昔からやっている方法があればそれを実行すると前向きな気持ちになれますね。

4-1. メリット

緊張をほぐすことはもちろん、ポジティブな気持ちになれる

4-2. デメリット

成功例がないと作りづらい。

5. 薬に頼ってみる

薬を使い緊張を抑えることもできます。

自分で調べた薬を購入して飲むよりも薬剤師のいるドラックストアで、相談するとおすすめの薬を教えてもらうことができるのでおすすめです。

極度のあがり症の方はメンタルクリニックで相談して処方してもらうことも可能です。

また、薬なので副作用が出ることも考慮しなければなりません。

そのため面接当日にいきなりドラックストアに行くのではなく、面接の数日前から準備しておくことが必要です。

5-1. メリット

効果を感じやすい

5-2. デメリット

副作用が出ることもあるので、面接の数日前から試しておかないといけない

6. 散歩をしてみる

面接前に悠長にそんなことしてられないよ、と思う人にこそやってほしい方法がこの散歩です。

足は第二の心臓と言われるほど足と心臓との関係は密接です。

ゆっくりと歩くと血流が促進され血圧が安定し、緊張している気持ちが落ち着きます。

また、会社の周りをゆっくりと歩いてみてどのような雰囲気か確かめることもできるので、自分がどのような場所で働くのか具体的に想像しやすくなります。

そして会社の周りを見るために、少し早めの電車に乗ることで面接会場に余裕をもって到着できるため、いつも到着ギリギリになってしまうという方には特におすすめです。

6-1. メリット

ゆっくり歩くことで、自分の考えをまとめることができる 早めに面接会場の最寄に着くことができるので心に余裕が持てる

6-2. デメリット

夏場やオフィス外ではなかなかできない。

7. まとめ

7つの方法それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましたが、ご自分に合った方法は見つかりましたか?

適度な緊張も面接には必要なのでリラックスのしすぎにはご注意ください。緊張のほぐし方は人それぞれなので、時間やコストのバランスをうまくとりながら、たくさん試して万全の状態で面接に臨んでくださいね。

関連記事

【キャリアチケット(Career Ticket)の評判】実際はどうなの?他社との...

【doda新卒エージェントの口コミ】元就活生からのリアル体験談、ぶっちゃけこうだ...

【リアライブ就活エージェントの評判】早期イベント開催回数No.1ってホント?口コ...

体育会系出身者ならぜひ利用したい!おすすめの就活エージェント5選

【リンクアイ新卒紹介】の評判や口コミについてのまとめ 講座や研修も豊富で就活対策...

プラグラミング経験不要でもOK?エンジニア就職する方法