【エン転職の口コミ】評判は?求人の質は?メリットとデメリットから徹底解析!

新しい仕事にチャレンジしてみたい、今の会社は自分に合わない。

そんなときに考えるのが「転職」ですよね。

自分で直接興味のある会社に応募するということもできますが、大半の方は転職サイトの活用すると思います。

しかし、現在転職サイトの数は200から300もあるといわれています。

はじめての転職であれば、どの転職サイトを活用すればいいか悩みますよね。

転職サイトを選ぶときには、評判や求人数だけではなく、自分に合ったところを見つけるのがポイントになります。

そのため、それぞれの転職サイトの特徴をよく知ることが成功のカギになります。

そこで今回は、総合転職情報サイト「エン転職」を実際に活用してみたメリットとデメリットを徹底解説いたします!

1. 『エン転職』はどんな特徴があるの?

「エン転職」はエン・ジャパン株式会社が運営する会員数600万人を超える総合転職情報サイトです。

エン・ジャパンは、採用をゴールとするのではなく、入社後の活躍まで支援することをゴールとした取り組みを行っています。

そしてエン・ジャパンの持つノウハウと人脈を活かし、スタッフが丁寧な取材を行って、転職サイトへ社員の口コミや実際の仕事風景を写真とともに掲載するなど、信憑性が高く情報量が多いサイトとして知られています。

また、大手企業だけではなく、中小企業の求人を強みとしていて、エン転職にしか求人を掲載していない企業も多数あるというのも特徴です。

主に取り扱っている業種には、

メーカー、IT、広告、サービス、小売、金融、不動産、商社

の8つの分野があり、特にメーカー、IT、サービスの業界を強みとしています。

また、「未経験可」「学歴不問」というキャリアや学歴がない方向けの採用も充実し、登録者の7割が35歳以下ということもあり、これからスキルアップしていきたいという若手ユーザーに強い転職サイトとなっています。

実績としては、

  • 2016年オリコン日本顧客満足度ランキング「転職サイト 男性」部門で第1位を獲得
  • 選考時の評価項目の「登録のしやすさ」「検索のしやすさ」「検索結果」「サイトの使いやすさ」でそれぞれ1位を獲得する

など、高く評価されている転職サイトです。

2. 『エン転職』を活用して気付いたデメリット

まず、エン転職を活用するにあたってほかの転職サイトと比較をしてみたところ、デメリットと活用するのに向かない人がいることがわかりました。

2-1. 求人数が少ない

エン転職で公開されている求人数は、おおよそ5,000件前後です。

それに比べて大手転職サイトの「DODA(デューダ)」は約40,000件、「リクナビネクスト」は約10,000件と差が開いています。

求人1件あたり情報量が多いエン転職ですが、まずは多くの求人を見たいという人は、ほかの転職サイトと併用して情報を補っていくことをおすすめします。

2-2. 関東エリア以外の求人数が少ない

関東エリアの求人数に比べて、関西エリアは約半数、北海道・東北エリア、中国エリア、北陸エリアになるとその数分の1以下になってしまいます。

希望するエリアの情報が不足していると感じるときは、ほかの転職サイトの情報も集めてみましょう。

2-3. 35歳以上の求人数が少ない

エン転職のユーザーは半数以上が35歳以下の比較的若い世代です。

そのため、希望年収が1,000万円クラスの管理職経験ありの35歳以上の人に向けた求人はかなり限定されてしまいます。

そういった方は、同じエン・ジャパンが運営の転職サイト「ミドルの転職」との併用がおすすめです。

3. メリットその1「利用者のニーズに合わせた機能」

それではエン転職のメリットとこんな人に向いているという情報をピックアップしてみました!

まず、エン転職は「登録のしやすさ」「検索のしやすさ」「検索結果」「サイトの使いやすさ」で高い評価を受けています。

運営会社は最新のIT技術を積極的に取り入れ、そのノウハウを転職サイトにも活かしているからです。

転職で求める条件は多岐にわたりますが、エン転職は「新着」「勤務条件」「あなたへのおすすめ」「女性」など、さまざまな切り口での検索が手間なく行えます。

また、「業務効率の向上」「大手企業を中心とするクライアント」などあなたが今後どのようにスキルアップしていきたいのかという点から探せる「やりがいで見つける」や、「家庭と両立しやすい仕事」「フレックスや時短勤務」など「エン編集担当の人気求人特集」など利用者のニーズに合った検索ができるため、より希望に近い企業に出会うことができます。

ほかにもスケジュールの管理機能が優れている点でおすすめできます。

求人の締め切り日に加え、面接日もカレンダーで一括管理することができます。

面接日の設定は企業側も面接可能日を把握することができるため、スケジュールの調整に困りません。

3-1. 口コミ・評判


もっと通勤時間が短く、自分に合った仕事を探したいと思い、細かな条件で検索もしたくてエン転職に登録しました。

自分が検索した職種以外にも様々な職種名が表示されていたので、今まで自分が知らなかったような仕事を知る機会になりました。

掲載されている情報も多く、検索もしやすくて、現在は新しい会社で働けています
(20代・女性

4. メリットその2「圧倒的な情報量と信憑性のある求人内容」

エン転職を利用するメリットには、1件あたりの求人に対する「圧倒的な情報量」「信憑性」も挙げられます。

それぞれの求人情報として、

  • 仕事内容
  • 雇用形態
  • 給与福利厚生

といった応募検討への必要情報のほかに、先輩社員からのメッセージや仕事風景の写真も添えられています。

そのため、実際に働く場合のイメージができ、一緒に働く仲間の顔も見えることで安心感を得ることができます。

それに加えて、エン転職の取材担当者のコメントとして、プロの視点での「取材から受けた印象」「やりがいと難しさ」「向いている人と向いていない人」のレビューが添えられていることから、企業側からの情報だけではわからない他社比較を踏まえた意見を参考にすることができます。

また、エン・ジャパンは実際に各企業で働いたことのある社員・元社員の方の声を収集した「カイシャの評判」を運営し、無料で提供しています。

企業には直接確認しづらい

  • 「年収」「勤務時間」「有給消化率」などの待遇
  • 「勤務の柔軟性」「風通しの良さ」「飲み会の頻度」などの社風

も社員・元社員の声をもとに把握することができます。

各項目の評価が一目でわかるグラフで見ることができますので、他社と比較してどこが強みでどこが弱みかということも、比較することができます。

4-1. 口コミ・評判


エン転職とそれ以外のサイトとの決定的な違いはクチコミの有無だと思います。

エン転職にはそこを辞めた元社員のクチコミが割と生々しく記されていて、面接時や入社後に聞きづらいような事も書いてあり、会社選びの参考になります。

勤めていた時期が書かれている点も地味に役立ちます。
(20代・男性)

5. メリットその3「採用後までイメージできる転職体験記」

そしてエン転職には転職成功事例や転職体験談から学べる取材記事「わたしの転職体験記」があります。

エン転職の取材担当者が、エン転職を活用して採用が決まった人に直接取材を行って得た転職を成功させるための情報やノウハウが満載です。

ここでは転職経験者の

  • 実際の応募社数
  • 面接社数
  • 転職にかかった期間を確認することができ
  • 転職に至った経緯から苦労した経験
  • 乗り越えた方法
  • 採用後の働き方と入社前のギャップなど

100件近くもの体験談が掲載されています。

自分に近い業種や年齢の人の実例をもとに、今後の転職の方向性を考えていけるというところも、非常に役立ちます。

5-1. 口コミ・評判


身近に転職を経験したことがある人がいなかったので不安でいっぱいでした。

ネットの情報でなんとなくは理解できても、実際に転職を決めてから採用されるまでの一連の流れがイメージできませんんでした。

「わたしの転職体験記」で同じような状況の人が転職を成功させるまでの情報を得ることができて、とても参考になりました!
(30代・女性)

6. まとめ

転職は人生の一大決心といっても過言ではありません。

そのため、あなたらしく働くことができる企業を選べる転職サイトを見つけることが大切です。

エン転職は一人ひとりのニーズに合った情報が探せることや、圧倒的な情報量と信頼性がある求人で、利用者に寄り添ったサービスを提供しています。

求人内容だけではなく、プロの視点でのレビューや、先輩・元先輩社員の声と合わせて各企業と比較するとともに、求めるイメージとすりあわせていくことで、入社後の「こんなはずではなかった!」というギャップを防ぎ、安心して転職活動に臨むことができます。

少しでも気になるポイントがあったら登録してみる価値は十分です!

関連記事

【type転職エージェントの評判】サービスとメリット・デメリットを徹底紹介!

石川県で転職する際に利用すべきおすすめのエージェント

【リクルートエージェントの評判】利用方法から賢い使い方まで徹底解説!

LGBTに関わる仕事にはこんなものがある!どうやって求人を探せばよい?

【BIZREACH(ビズリーチ)の評判】ハイクラス求人が揃う転職サイトを賢く利用...

【クリーデンスの評判】アパレル特化型転職エージェント、クリーデンスを徹底解剖