サービス終了【就活ドラフトの評判】田舎でも使える就職支援サービスが恐ろしく便利な件

2018年12月4日追記

就活ドラフトは2018年11月30日をもってサービスを終了しています。

https://shukatsu-draft.com/

20卒就活生は、就活ドラフトと同じ就活エージェントである『キャリアチケット』などのサービスを利用することをオススメします。

詳しくは、こちらの記事も参考にしてみてください。

【2020年9月:21卒就活 最新動向】

「例年とは違い、新型コロナウイルス感染症の影響で内定は6割程度」

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で内定を獲得している就活生は全体の6割程度となっています。

合同説明会などが無くなり、企業の採用活動もストップしていたため、企業側も内定出しのペースが遅くなっています。

9月は10月1日の内定式を焦点にするならば外せない月になります。

9月はまだまだ暑い時期になりますが、コロナにも負けず、就活を乗り切りましょう。

特にこれからご紹介する就活エージェントを活用すれば、早期に内定を獲得できること間違いなしです。

無料で就活のプロにアドバイスをもらい、早期に内定を獲得しましょう。

1. 就活ドラフトとはどんなサービスなの?

就活ドラフトとは、株式会社人材ドラフトが運営する就職支援サービス、新卒紹介サービスのことを指します。

公式サイト上で、株式会社人材ドラフトの企業データを見てみると、

【社名】株式会社人材ドラフト

【所在地】東京本社(東京都千代田区九段北1-12-30矢野ビル4階5階)

大阪支社(大阪府大阪市北区梅田1-11-4大阪駅前第4ビル22階)

【資本金】3400万円

【設立】2000年7月18日

【代表者】代表取締役社長 鈴木洋一

拠点が東京と大阪にあり、8年ほど前に設立したまだ若い会社であることがわかります。

元々は、人材ドラフトというサービスを展開しており、経理・税理士・会計事務所の転職・求人マッチングサイトとして、日本最大級の規模を誇っています。

人材紹介の部門もあるようで、プロのエージェントによる転職のサポートも受けれるようになっています。

そこから派生するような形で、新卒専門のエージェントサービスが立ち上がり、「就活ドラフト」として、就活生向けの現在のサービスが出来上がりました。

就活ドラフトの特徴は大きく3つあります。

2. 就活ドラフト3つの特徴

2-1.上場企業や優良企業から内定をもらえる可能性がある。

実は、就職支援サービスから紹介してもらえる企業は割と中小企業が多いんです。

なぜかと言うと、大企業って、知名度があるから、就職支援サービスから学生を紹介してもらわなくても集まってしまうんです。

そのため、就職支援サービス、つまり就職エージェントには中小企業やベンチャー企業が比較的多く集まる傾向にあります。

しかし、就活ドラフトの場合は、中途向けの人材ドラフトで提携している上場企業もあることから、上場企業の求人を紹介してもらえる可能性があるんです。

実際に、紹介可能な求人がこちら。

ウェルシアホールディング株式会社、第一電材株式会社、株式会社オープンハウス(不動産)、株式会社ブレイバンステクノロジーズ、株式会社ボードルア、株式会社AMBITION、株式会社カシワバラコーポレーション、成長支援コンサルティング株式会社、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ、株式会社スリー・イー、株式会社リゾーム、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

聞いたことがないような会社もあるかもしれませんが、実は上場している会社だったり、無借金経営や離職率が極端に低い、優良企業ばかりなのです!

就活ドラフトが独自に取引ある会社が多いのも特徴。就活生の為に厳選して、良い求人のみを紹介することにこだわっているみたいです。

2-2.内定獲得まで最短1週間!

通常、就活しているとエントリーから内定まで1ヶ月ほどかかってしまいます。

就職エージェント経由でも、早いところで2週間はかかります。

就活ドラフトなら、なんと驚異の1週間

急いで内定を欲しい学生さんにしてもみれば、ありがたい話になりますね。

2-3.地方在住でも大丈夫!遠隔でも対応可能

冒頭でも、説明しましたが、就活ドラフトは遠隔でサービスの利用が可能です。

通常は、就職エージェントのオフィスに訪問して、面談をしてもらったり、求人企業の紹介をしてもらうのですが、遠方の方は中々足を運ぶことが難しいので、遠隔で対応してもらえます。

具体的には、下記の方法でコミュニケーションをとってももらえます。

  • スカイプ
  • 電話
  • メール

なお、初回の面談は、スカイプで実施しています。

ただ、首都圏で就活をするのであれば、担当アドバイザーと会っておくことをお勧めします。紹介してもらった企業の面接を受ける時など、どこかのタイミングで、就活ドラフトのオフィスに訪問しましょう。

その理由は、担当アドバイザー側も実際会ったことのある人には目をかけてもらいやすいですし、いざという時に頼りになります。

3. 就活ドラフトの評判はどうなの?

次に就活ドラフトの評判について見ていきましょう。

利用するかどうか、評判をを見てから決めたいですよね。

ということで、利用者からの声を集めてみました。

就活ドラフトを利用して内定をもらった学生からのコメントです。

内定もらえてよかったですね。

それにしても、就活ドラフトの担当者も嬉しい言葉をくれますね。

日東駒専のアカウントから、就活ドラフトが良いということでお勧めしてみるみたいですね。

埼玉で就活ドラフトのイベントをしていたんですね。出張型のイベントで埼玉在住の人はありがたいですね。

4. まとめ

残念ながら、就活ドラフトは2018年11月を持ってサービスが終了しました。

他に21就活生から評判のいい就活サービスとして、下記があげられます。

それぞれの詳細はこちらを参考にしてみてください。

サービスを比較したい方はこちらのランキングも参考にしてみてください。

【2021卒最新版】おすすめ就活サービス4選

それでは、あなたの就職活動の成功を願っています。

関連記事

プラグラミング経験不要でもOK?エンジニア就職する方法

【2020年最新】21卒向けオススメの就活エージェント&サイト19選

【CheerCareer(旧:パッションナビ)の評判】電話がかかってくる?ベンチ...

【スポナビキャリアの評判】体育会系出身者のための転職エージェント

【ニクリーチの評判】ニクリーチは人事や経営者の方が本当にお肉を食べに連れて行って...

【VIVIVIT(ビビビット)の評判】クリエイター志望の学生と企業のマッチングツ...