例文付き!「未経験の仕事に応募する際の志望動機の書き方」教えます。

今や転職を生涯のうち経験する人は7割以上ともいわれているほど、職を変えることは身近な出来事となっています。

多くの方が経験する転職ですが、誰しも初めての転職のときは何をどうしたらよいか不安になるものです。

中でも、一番苦労するのは職務経歴書の作成ですよね。

良い職務経歴書を書くことが、転職への近道ということができますが、未経験の仕事へ転職活動をする場合、いったいどのような職務経歴書を書けばよいのでしょうか?

未経験とは言っても、一流消費財メーカーの営業職として10年間務めセクションリーダーを経験しているAさんが転職活動をする際、他業界の営業職の求人に応募するのとIT企業のエンジニア職に応募するのでは全く事情が違います。

今回は、未経験業界に転職する場合の具体的な職務経歴書の書き方をご紹介いたします!

未経験業界(同職種)への職務経歴書は実績のアピールでOK

未経験の業種でも同じ職種へ応募する際は、現職の経験をほぼそのままの形で活かすことができますので、現職の職務内容、実績、評価などを詳しく書きこむことが重要です。

しかし、同業他社(同職種)へ転職活動をする際の職務経歴書とは類似していますが、それだけでは不十分です。

同じ職種とはいえ、新しい業界へ転職するのですから、今までの経験だけでやっていけるほど甘くはありません。

業界や取扱商品などへの知識はもちろんのこと、応募企業が業界内でどのような立ち位置、独自性を持っているかなどを理解したうえで、自分の経験をもってどのように貢献したいのかをアピールする必要があります。

【例文】未経験業界(同職種)への職務経歴書

【職務経歴】
2007年4月~現在 株式会社〇〇商事
事業内容:化学用品の製造、販売
年商:〇〇〇億円、従業員数:〇千名
2015年4月~現在 西日本販売本部所属 第2営業課課長

【業務】
消費財:大手GMS3社、百貨店4社を中心に関西から九州までのエリアの100店舗を担当
その他、プレゼンテーション資料作成講座の講師(イーラーニング)を担当

【実績】
・4期連続前年比110%をクリア、販売部1位を継続中
・2016年度販売数社内1位、社長賞受賞

【業務詳細】
西日本販売本部の第2営業課長として、20名の営業職員のマネジメントを実施。
販売計画立案、エリア分けと店舗ごとの販売戦略を支持し、配属1年目の社員への営業同行と2年目までの社員への契約同行を実施。
部下社員それぞれが自ら設定した目標を尊重し、実績数字だけでなくそのプロセスを大事にすることで継続した取引を可能にすることをモットーとしております。

~以下経歴省略~

【志望動機】
私は、消費財メーカーの営業職として10年間勤務してきましたが、かねてから興味のあった金融業界の営業職として勤務したいと考えており、貴社を志望いたしました。
有形商材の営業職としては経験はありますが、金融商品という無形商材は初めて取り扱いますので不安もあります。
しかし、貴社は金融商品が多くの消費者に届けられるよう複数のチャネルを効果的に運用されており、私の有形商材の経験を間接的に活かせることができるステージであると考えております。

未経験職種への職務経歴書は経験を分解する

今までに経験したことがない職種へ応募する際は、現職の経験、実績がそのまま通用しないことが多いので工夫が必要です。

しかし、経験が全く使いないというわけではありません。

例えば、営業職で長年実績を上げてきた人は、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力など汎用性のある能力のアピールができます。

また、同じ企業の営業職でも人によって営業手法は違いますし、相手先やサービスによっても違ったスキームで提案することもありますので、経験によっては下記のように多彩なアピールが考えられます。

・課題発見力・・・提案の障害となっているものを発見した経験

・課題解決力・・・障害を取り除いて成約できた経験

・文章作成力・・・プレゼン資料作成でスキルアップ

・PCスキル・・・プレゼン資料作成でスキルアップ

・外国語力・・・海外営業の場合(英語、中国語など)

このようなアピールポイントから、応募先の職種に必要なものをピックアップしてエピソードをつけて職務経歴書に記入すると良いでしょう。

例文:未経験職種への職務経歴書

【職務経歴】
2007年4月~現在 株式会社〇〇商事
事業内容:化学用品の製造、販売
年商:〇〇〇億円、従業員数:〇千名
2015年4月~現在 西日本販売本部所属 第2営業課課長

【業務】
・担当エリアにおける消費財の販売計画立案
・社員20名のマネジメント ・社内イーラーニング企画(プレゼン資料作成講座)企画

【実績】
・2016年度販売数社内1位、社長賞受賞
・2017年度、イーラーニング「プレゼン資料作成講座」講義を担当
・2018年度からは東南アジアでの業務拡大プロジェクトに参加

【業務詳細】
西日本販売本部の第2営業課長として、20名の営業職員のマネジメントを実施。
アクセスを利用した業務分析やパワーポイントを利用した効果的な資料作成を得意とし、社内イーラーニングで講師を務めるほか、東南アジアでのプロジェクトに参加するためビジネス英語を勉強中、TOEIC800点を取得しました。

~以下経歴省略~

【志望動機】
私はイーラーニングにて800名が受講する講座の講師を務めており、ネット環境を利用することで、より多くの人の学習に貢献できることを学びました。
貴社の多くのエンジニア学習サイト「〇〇」は多くの企業で採用されているためかねてから興味がありましたが、新しく開発される営業支援サイトに共感し、貴社を志望いたしました。
私は営業職として勤務していましたが、複数の営業支援ツールを利用して分析を行い、アクセスを利良して独自の分析ツールを作成して活用していました。
そのような経験は貴社事業にもきっと貢献できると考えていますが、一から勉強して知識やスキルを身に着けたいと考えております。

まとめ

同じ会社で同じ経験をしてきた人でも、応募先によっては異なるアピールをすることで、効果的な職務経歴書となります。

そのために重要なことは、以下の3つです。

・自分がどんな経験をしてきたかを棚卸する
・応募先がどんな企業でどんな人材を募集しているのかを研究する
・応募先にあったアピールをする

この作業は、転職エージェントを利用すると効果的に進めることができます。

未経験の仕事に転職を検討する人は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

あなたらしく働ける会社が見つかる心強いパートナーとなる会社はこちらです。

【転職エージェントのランキング】厳選された3社を徹底解説!一番のオススメは信頼度抜群のリクルートエージェント

関連記事

「フリーターは就職できない?」既卒者が不利な理由と対策教えます。

【TechAcademy(テックアカデミー)キャリアの評判】未経験から学べて就職...

【リクらくの評判】未経験からエンジニア転職も可能?面談場所は?退会はできるの?

【行列のできる転職相談所(ベースメントアップス)の評判】内定率が5倍になる理由と...

【セルプロモート「JHR就職エージェント」の評判】迷惑?新卒・第二新卒に特化した...

【マイナビジョブ20'sの評判】マイナビエージェントとの違いも含めて解説します