【知らないと損する第二新卒の転職理由】転職成功者が教える面接受けする回答とは?

転職活動の際、面接で転職理由を聞かれることってありますよね?

当然の話、第二新卒や経験者などによって、転職理由は変わってきます。

第二新卒のあなたは、転職理由をうまく人に説明できますか?

ここでは、第二新卒で見事転職できたAさんに転職理由の受け答えやどのように転職活動を成功させたかを語ってもらいました。

以下、Aさんのプロフィールです。


初めまして、Aです。年齢は25歳、現在商社の営業職として働いておりますサラリーマンです。

私は大学卒業後、大手住宅設備メーカーの営業職として入社しました。

1年半ほど、働いたのち、地元の商社の営業として現在仕事をしております。

私自身、転職して良い方向に人生が変わったと感じております。

人生を成功へ導くためにも、いかに転職の面接に挑むべきなのか?

私の体験談ではございますが、ご参考にしていただければと思っております。

1. そもそも転職理由とは?

1-1. 転職先で転職の理由をしっかり述べることの必要性

転職する理由は多々あると思います。

例えば、給料、勤務地、仕事内容、職場環境、休日、会社の将来性等々です。

私の場合ですと、お付き合いさせていただいている彼女と結婚して、地元で家を建てて、家族と一緒に幸せに暮らすことが人生の目標でした。

転職前の会社ですと、全国転勤、休日出勤が多い、等が私の中で人生目標達成するためにひっかかりました。

面接では、退職理由も少しは述べる機会があるとは思いますが、転職先で自分はどうしたいかを見ております。

面接官はこの人を採用して会社にメリットがあるのかを見ています。

気持ちを入れ替えて、仕事を頑張りたい思いをもちろん大切ですが、仕事以外の目標を並行して達成する目標がある方は魅力的だと感じます。

仕事内容に興味を持って、転職したいと述べることも大切ですが、人生の目標も織り混ぜながら話すことも面接官に響く1つの武器です。

1-2. 面接官の質問意図をつかむことの大切さ

転職理由は必ずと言ってよいほど、聞いてきます。

それは、面接官はどのような人間なのかを知りたがっているということもあります。

それに、加えて自分の会社のことを伝え、ミスマッチを減らす場でもあります。

転職者も会社も、時間も費用も無駄にしたくはありません。

そのため、今までの自分、今までの会社のことを、ありのままに伝えることがお互いのメリットにつながります。

2. 転職理由を聞かれる理由

2-1. 退職理由と転職理由

退職理由は、辞めた理由です。

転職理由は、転職する理由です。

転職するということは、人生の再スタートです。

その前向きな思いも転職理由に乗せて話せるようにしましょう。

実際に、私も転職面接の場で、私の人生設計の話も話しました。

2-2. 志望動機

新卒面接と転職面接の志望動機を同じように解釈しないように注意が必要です。

新卒面接は、人と話すことが好き、笑顔を見たい、そういった理由で営業職を志望するというのがよくある動機です。(営業職の場合です。)

つまり、新卒にはなぜその業界なのか?なぜうちの会社なのか?

そういった点はあまり重視しておりません。会社への思いを伝えることは大切ですが、社会に出て仕事をしておりませんので、わからないだろうというのが面接官の思いです。

転職面接は、一度社会に出たものの意見です。

より具体的な志望動機が問われます。

抽象的な意見、なんとなくこの会社が良いと思いました等は通用しません。

頼りなく思われます。

2-3. 転職前の仕事内容

良く思われようと思って、やってもいなかった仕事をいう必要はございません。

面接官は、自分の仕事に誇りを持っていたのか?そこを見ております。

仕事内容、仕事への思い等、整理して本番で自信を持って話すことができるよう準備しましょう。

3. 面接に合格するために準備するべきこと

事前に考えておくべきことをまとめさせてもらったので、面接当日のポイントをここからご説明します。

外見を整えて挑みましょう。特に、営業職志望の方は必須です。

第一印象で、営業マンは売れるか売れないかわかると言われております。

話す内容も大切ですが、その前に第一印象がもっとも大切です。

良い印象を相手に持っていただくために、私が実践していることをご説明します。

髪型は、前髪はあげましょう。おろしておくと、顔が隠れ、暗い印象になります。

もみあげは短く、耳に髪がかからないようにしましょう。

面接で話す内容は、上記でまとめた内容を自信を持って話すことも含め、頑張りたい思いを伝えて下さい。

面接官も人間です。

同じような評価の人間が候補にあがった際に、どちらを選ぶのかの判断は熱意の有無です。

4. まとめ

最後に、私は転職して人生が変わったと感じています。

今の会社で不満を持った状態で、プライベートの充実には繋がりません。

今は転職するのが当たり前の時代になっています。

会社を辞めることで、自分に負けた、現状から逃げたなど後ろ向きに考える必要は何一つありません。

転職を前向きにとらえ、仕事においても、人生においてもスキルアップをはかり、より良い人生を開きましょう。

転職は、人生を変える第一歩です。

関連記事

【ブルームノーツ(BLOOM NOTES)の評判】20代の求人が多い?未経験者の...

【20代の転職相談所の評判】はじめて転職する人におすすめな3つの理由とは?

【知らないと損?】第二新卒からの転職で大手メーカーに入社する3つの方法

「既卒でもOK?」新卒で就職しなかった理由を聞かれた際の対処法とは?

【2020年最新版】『今すぐ正社員に転職できる』第二新卒・既卒にオススメな転職エ...

【キャリアスタートの評判】月給が25万円以下の人が利用すべき理由とは?