【未経験でIT業界へ転職したい方必見】成功するための3つのポイント教えます

IT業界へ転職したいと考えているものの、未経験であるため転職できるか不安になっている方は、たくさんいます。

IT業界の転職というと、一定のプログラミングやデザインスキルがなければできないと思われがちです。

実際に、転職することになった場合、一定のスキルや経験は、本当に必要なのでしょうか?おそらく、あなたは下記のような疑問や悩みを抱えているでしょう。

  • IT業界へ転職したいけれど、業界そのものがよくわからない・・・。
  • IT業界への転職を成功するためのポイントを知っておきたい・・・。
  • IT業界未経験者は、どんな手段で転職するのか知っておきたい・・・。

もし、上記のことについてなにかひとつでも思いあたることがある場合は、このまま読み進めることで転職のヒントが得られます。

今回は、IT未経験者は、転職できるのか、そのポイントをご紹介します。

未経験者は、IT業界へ転職できないってホント?

プログラミングやデザインスキルを持っておらず、IT業界での就業経験のない方でも、転職できます。

なぜなら、IT業界は、慢性的な人手不足だからです。

現在、さまざまな物事がIT化されており、インターネットを使うことで大部分のことをシステム管理できる社会となりつつあります。

そのような社会を実現するには、ITエンジニアたちの存在が欠かせません。

近年では、仮想通貨などの技術の登場により、ますます若手エンジニアが必要とされていますが、圧倒的にITエンジニアの数が足りません。

そのため、未経験者を歓迎する会社を探して応募すれば、転職できる可能性は十分にあります。

IT未経験者が働ける職種は、何種類ある?

IT業界と一言に言っても、どんな職種があるかご存知ですか?主に、未経験者を歓迎していることが多い職種は、下記の4種類です。

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ウェブマーケター
  • HTMLコーダー

この中でも、未経験者を歓迎していることが多いのは、プログラマーです。

未経験でもプログラミングの学習制度が整っている会社へ転職すれば、勉強しながら仕事に従事できるため、すぐにITスキルを習得できます。

IT未経験者が転職活動で失敗するポイント

転職活動で失敗したくないと考えているなら、面接でのアプローチ方法を間違えないようにしましょう。

面接官は、未経験者であることを把握しているため、高度なITスキルをアピールする必要はありません。

しかし、自宅のパソコンで、なにもしない人を採用するほど、転職活動は、あまくありません。

高い確率で、面接官から「ITについて、なにか取り組んだことはありますか?」と質問されます。

その際、「未経験ですので、なにもしていません。」と答えてしまうと、高確率で落とされてしまいます。

そのような言い方では、自分自身で勉強し、知識やスキルを高められない人だと思われてしまいます。

IT未経験者が転職活動で押さえるべき成功のポイント

たとえ、IT業界未経験でも、転職活動を成功させることは簡単です。自分に必要なことを積極的に学び、自ら成長できる社員であることを、面接官にアピールすれば良いだけです。

その際、大切なのは、ITスキルの自宅学習です。自宅学習をアピールするかしないかで、転職活動の成功率が大きく変わります。最低限、面接では、下記のように伝えましょう。

【例1】「まだまだIT業界で通用するものではありませんが、自分なりに勉強しながらウェブサイトを構築してみました。」

【例2】「1冊のプログラミングの本を購入して、2時間で簡単な電卓を作りました。」

【例3】「自分のウェブサイトにアクセス解析を入れて、分析の練習をしています。」

上記の状態では、即戦力として転職することはできませんが、未経験者を歓迎している企業なら雇ってもらえる可能性が高いです。

この程度の下準備なら、数時間もあればできることなので、しっかりとやっておきましょう。

IT未経験者は、どんな手段で転職するの?

T未経験者が働き先を見つける場合、どんな転職方法が有効なのでしょうか?ちなみに、未経験者歓迎と書かれた求人が掲載されているところは、下記の通りです。

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 新聞の折り込み広告

多くの人は、転職エージェントを利用して転職活動を成功させています。

ハローワークや新聞の折り込み広告でも未経験者を歓迎する求人先が掲載されていますが、あまりにも数が少なく、自分自身とマッチングするものを選び出すことは至難の業です。

転職エージェントには、コンサルタントと呼ばれる人が在籍しており、自分が理想とする転職先を見つけてくれます。

学校の就職相談員のような存在で、希望条件を伝えると、すぐにおすすめの転職先をアドバイスしてくれます。

IT未経験者におすすめする2つの転職エージェント

転職先を探す場合、どんな転職エージェントでもよいわけではありません。

IT未経験者を歓迎する求人が多数掲載された転職エージェントに登録する必要があります。

あらゆる転職エージェントの中でもおすすめなのは、下記の2つのエージェントです。

  • リクルートエージェント
  • ワークポート

それでは、この2つの転職エージェントの特徴について説明します。

業界トップクラスの知名度を誇るリクルートエージェント

転職市場の中でも、業界トップクラスの知名度を築き上げたリクルートエージェントは、転職成功実績No1のエージェントサービスを提供する会社として有名です。

  • 相談拠点数業界No.1である。
  • 対面もしくは電話で、万全のサポートが受けられる。
  • 土日、祝日平日20時以降も相談できる。

はじめての転職でも転職エージェントが万全の体制を整備してくれるため、登録して転職先を探しましょう。

リクルートエージェント転職支援サービス

ITクリエイティブ系に強いワークポート

創業当初からワークポートは、総合転職エージェントサイトの中でも、ITクリエイティブ系に強いことで有名です。

  • IT未経験者でも優しくサポートしてもらえる。
  • 転職コンシェルジュの知見が非常に高い。
  • 独自のシステムを採用しており、転職活動のスケジュール管理がしやすい。

はじめての転職で、IT未経験者であることから不安なことが多いならワークポートに必ず登録しておきましょう。

未経験者でも転職コンシェルジュが優しくサポートしてくれます。

ワークポートやリクルートエージェントは、非公開求人が多いため、両方に登録しておけば、理想の転職先を見逃しません。

関連記事

【2018年】IT技術者はどう転職すべき?元IT会社員が語る実際のところ

【ワークポートの評判】悪評が多い?利用が向いている人を解説します

プログラマーの将来性・展望は? 社会情勢も交えて読み解く!

Java経験者のエンジニアは転職するのに有利!?転職する際に知っておきたいポイン...

【レバテックの評判】エンジニア向けの転職・フリーランス支援サービスを徹底解説!

プログラマ未経験からPythonエンジニアになるには