【諦めないで!】30代からの未経験転職の秘策。自分の「市場価値」を知ることにあった。

一般的に、30代を過ぎれば未経験の仕事へ転職するのが難しくなるといわれています。

確かに転職市場では未経験者が歓迎されるのは20代、それも第2新卒といわれる20代半ばまでで。

それ以降になると今までの経験を活かしてキャリアアップする、いわゆるキャリア採用というものが一般的です。

しかし実際は、30代を過ぎて新しい仕事にチャレンジする人はたくさんいますし、なかには年収面、条件面が大幅改善されるなど大成功を収める人も少なくありません。

それでは、30代から未経験の仕事に転職する秘訣は何なのでしょうか?いくつかの方法をご紹介したいと思います。

未経験業種への転職を成功させるには、今までの経験が活かせる職種を選ぼう

30代からの転職は20代のそれとは大きく違います。

企業は即戦力を期待していますので、基本的には前職の経験を活かしてすぐに活躍できる仕事を選ぶことになるので、必然的に同業他社がメインターゲットとなります。

しかし、他業界であっても今まで経験してきたのと同じ職種であれば、転職のハードルは比較的低いと考えてよいでしょう。

例えば、食品メーカーで10年間営業職として活躍してきた人は、コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルなど、営業活動に必要なスキルが自然と身についていることが多く、他業界、たとえば自動車ディーラーの営業職として車を販売するために必要なスキルを身に着けていることになります。

よって同じ営業職であれば他業界への転職活動をスムーズに進めることも可能です。 他業種同職種へ転職する際のポイントは以下の通りです。

・実績をアピールする
同職種の場合は前職の実績(数字・業務内容)が武器。

・業界研究を怠らない
同職種であっても他業界。事前にしっかり勉強する姿勢が重要。

未経験職種への転職はスキルが活かせる仕事を選ぶ

前職の経験がそのまま活かせる未経験業種への転職と違い、30代から未経験職種への転職は、まったく新しい仕事を始めることになるため、同業界であっても簡単ではありません。

企業は30代以上の転職者には即戦力を求めているため、未経験の職種へ転職するためには相応の覚悟をもって準備を進める必要があります。

しかし、未経験職種でも前職の経験が全く活かせないのかといえばそうではありません。

例えば化学メーカーの営業職として全国を回り対外折衝の経験を積んできた人は、その行動範囲と交渉能力を活かして、サービス業の店舗開発担当として活躍できるポテンシャルを秘めていますし、旅行業界でツアーコンダクターとして海外出張を多くこなしていた人は英語力や海外での活動経験を活かして商社のバイヤーとして勤務できる可能性もあります。

このように、自分の経験を棚卸して、次の仕事に活かせそうなスキルを探し出す作業をすることで30歳から未経験の他業種へ転職する道を見出すこともできます。

ポイントは以下の通りです。

・自己分析をしっかりとする 一つの仕事から得られる経験は一つでも、スキルは一つではありません。必ずたくさんの能力や社会性が身についているはずなので、それを見つける「宝さがし」のような作業を怠らない。

・実績よりもスキル 職種が違えば社員の評価基準も違います。当然採用基準も違うので、過去の実績をアピールすることは大事ですが、それにとらわれすぎず、経験から得られたスキルをアピールするように心がける。

30代からの未経験転職はエージェントを利用すると、非公開求人を紹介してくれ、成功の可能性が高まる

30代以上になると年々、民間サイトに掲載されてる応募可能な求人数がどんどん減っていきます。

30歳が一つ目の壁、次が35歳、40歳というように年齢制限を設ける求人が増えていきます。

ハローワークに登録されている求人は年齢制限を設けているものは少ないのですが、ほとんどがキャリア採用で、未経験の仕事へ応募できるものはあまりありません。

では、30代以上で未経験への転職を探す場合はどうしたらよいのでしょうか? 答えは「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、サイト上に公開されている求人の他、企業の潜在ニーズを非公開求人として数多く保有していますので、30代以上で未経験でも応募可能な仕事を紹介してくれる可能性が大いにあります。

また、応募書類の添削や面接練習、応募の代行など、転職活動そのものを支援してくれるので成約率も髙く、入社後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

そのような理由から、30代以上、未経験への転職活動は、転職エージェントを利用することをオススメします。

転職はタイミング!あきらめすに自分磨きをする

現在公開されている求人は数が限られている上、充足したらクローズしていきますので、有効求人倍率に係らず希望条件への転職活動は厳しいものです。

しかし企業が求人を出すタイミングは新卒採用以外は欠員補充や事業拡大など不定期に行われます。

今募集していない企業からいつどんな求人が出てくるかわかりません。応募していた求人になかなか決まらず「これ以上希望の求人や応募できそうな求人がないから転職をあきらめよう」というのは時期尚早です。

30代で未経験の仕事に転職したい人は、常にアンテナを張り巡らせ、求人情報を素早くキャッチできる体制を取っておくことが大切です。

まとめ

30代以上の未経験への転職は、20代と比べて簡単なものではありません。

自分の転職市場における「市場価値」を理解することと、応募する企業、求人の詳細、求める人物像や属性などを十分に理解して臨む必要があるので、自分一人で転職活動をするには限界があるのです。

また、「自分の市場価値は高めることができる」ということを理解しておいてください。

異業種同職種への転職であれば現職で数的な実績を上げることがその近道ですし、異職種への転職であれば現職で得られるスキルを整理するほか、資格取得や講習会受講など、社外でスキルを獲得することもその方法です。

30代以上でも本当にやりたいことがあれば、あきらめずに準備を進めていってはいかがでしょうか?

あなたらしく働ける会社が見つかる心強いパートナーとなる会社はこちらです。

【転職エージェントのランキング】厳選された3社を徹底解説!一番のオススメは信頼度抜群のリクルートエージェント

 

関連記事

【若者正社員チャレンジ事業の評判】10万円もらえるってほんと?

【JAIC(ジェイック)女子カレッジの評判】街頭調査をするって本当?利用した人の...

【リクらくの評判】未経験からエンジニア転職も可能?面談場所は?退会はできるの?

【2020年最新版】『今すぐ正社員に転職できる』第二新卒・既卒にオススメな転職エ...

「既卒でもOK?」新卒で就職しなかった理由を聞かれた際の対処法とは?

「既卒者の職務経歴書の書き方は?」その書き方と失敗しないコツを教えます。