【30代で未経験の仕事】オススメの転職先とは?転職エージェントの活用が吉!

かつての日本は終身雇用、年功序列といった考え方が根付き転職することにマイナスイメージがありました。

しかし、近年では社会環境の変化とともに、転職に対する考え方にも変化が訪れ、30代までに転職を経験している人は50%以上にものぼります。

転職の理由も以前に比べて多様化しており、給与や待遇などの条件面だけでなく「キャリアアップのため」「自分の可能性を試したい」などさまざまです。

しかし、30代を超えてから今まで経験したことのない仕事を始めることは抵抗がある人も多く、未経験者に対して年齢制限を設けている企業も少なくありません。

そこで今回は、30代以上未経験でも比較的転職しやすい業界、職種とその方法を紹介したいと思います。

30代以上で未経験でも転職しやすい職種①「営業職」

30代以上で未経験の仕事に転職したい場合、まず考えられるのは異業種同職種への転職です。

例えば、現職で総務や経理の仕事をしている場合、他業界の総務・経理の求人など、同じ職種を選ぶと比較的転職しやすいといえます。

しかし、全く新しい職種にチャレンジしたい場合は、どんな仕事を選べばよいのでしょうか?

その一つ目は「営業職」です。

営業職には食品や化学製品、機械や電子部品などを扱う有形商材営業と、人材や金融商品などを扱う無形商材営業があります。

それぞれ扱うものが違うため、仕事の進め方も違いますが、「ものを提案して売る」という上では類似した職種となります。

有形・無形に問わず営業職は簡単な仕事ではありませんが、どちらも共通して必要とされる「コミュニケーション能力」、「プレゼン力」などのスキルは、意識して取り組めば他の職種の経験でも身に着けることが可能です。

例えば、販売職で店舗勤務している人は日々顧客との会話や従業員間の連携など他人とコミュニケーションをとりながら勤務していますし、商品開発やイベント企画などに携わってきた人は社内でプレゼンをする機会が多くあります。

このように、さまざまな職種での経験から営業職に必要なスキルが身についていることは意外と多いので、30代以上で営業未経験であってもトライする価値があるといえます。

ただし、応募する企業の扱う商品によっては高度な知識が要求される場合もありますし、中にはMRのように医療業界や薬品に関する深い知識が必要とされる職種もあります。

応募する前にしっかり企業研究をして臨まれることをオススメします。

30代以上で未経験でも転職しやすい職種②「事務職」

30代以上で未経験でも転職しやすい職種2つ目は「事務職」です。

事務職と言っても多種多様ですが、一般事務職と言われる職種で必要なスキルはWord、Excel、PowerPointなどのマイクロソフト社「office」の基本的なスキルです。

加えて、入電・受電マナー、ビジネスメールマナーなどですが、これらは他の職種でも意識して取り組むことで身に着けることができる場合もあるほか、自主的に勉強することで身に着けることが可能です。

ただし、一般事務職は他の職種に比べ非正規雇用の比率が高いため、最初から正社員としての転職を目指している場合は、タイミングによっては求人数が限られている場合もあります。

そのほか、英語や中国語のスキルを磨いたり、簿記などの資格を取得するのも事務系職種への転職の可能性を広げる道でもあります。

30代以上でも転職しやすい業界「サービス業」

30代以上、未経験でも転職しやすい職種を見てきましたが、職種を問わずに転職しやすい業界があります。

それは「サービス業界」です。

サービス業界は慢性的に人手不足と言われており、年間を通じて募集をかけている企業が多数あります。

特に、有人店舗を持つサービス業は店舗の数が増えるほど必要となる社員数も多く、業績が好調な企業ほど人員不足ともいえる業種なのです。

また、サービス業界が未経験でも転職しやすい理由は職務内容にもあります。

先に挙げたようにサービス業で最も人員が足りないのは店舗スタッフです。

多くの企業は本社勤務のスタッフも店舗勤務からスタートし、中には店舗で実績をあげなければ他の職種へ異動ができない企業もあります。

しかし、店舗スタッフとして勤務したのち、適性や希望によって商品開発や店舗開発、バイヤーや人事など他の職種に異動できる可能性もあるため、サービス業界の特性を理解した上で様々な職種にチャレンジしたい人にはオススメの転職先ともいえます。

さらに店舗では、パート・アルバイトと同様の業務も多いため、未経験のスタッフへの教育体制も確立されています。

以上のことから、サービス業界は30代以上、未経験でも転職しやすい業界といえます。

30代以上での転職は転職エージェントの利用がオススメ

30代以上で転職をする場合、20代と比較して多くの経験やスキルを求められることは前述のとおりですが、特に未経験の仕事への転職は難易度が高く一人での活動には限界があります。

そこでオススメしたいのが転職エージェントの利用です。

転職エージェントは、サイト上に公開されている「公開求人」のほか、登録者以外には公開されない「非公開求人」を数多く保有するので、30代以上で未経験でも応募可能な仕事を探しやすくなります。

さらに、応募書類の添削や面接練習、応募の代行など、転職活動全体をサポートをしてくれるので、転職エージェントを利用すると、成約率も高く入社後のミスマッチも起こりにくいというデータもあります。

また、転職エージェントは企業からの成功報酬を生業としているので、求職者は無料で利用できるので、30代以上で未経験の仕事に転職を考えている人は、希望する業界や職種に強いエージェントを探して利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

30代以上で未経験の仕事を始めるのは勇気がいることです。

しかし、未経験でも転職しやすい職種や業界は存在しますし、転職への近道となるスキームも存在します。

まずは自分の経験を棚卸し、転職に有用なスキルを整理し、必要な知識をつけるための行動を起こすことが重要です。

第一歩が踏み出せないで迷ってい人は、ぜひ転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

【JAIC(ジェイック)女子カレッジの評判】街頭調査をするって本当?利用した人の...

第二新卒からの転職で大手メーカーに入社する3つの方法

【ジェイック(JAIC)の評判】「正直どうよ?」という声が多いので2chなどか...

「既卒でもOK?」新卒で就職しなかった理由を聞かれた際の対処法とは?

【キャリアスタートの評判】月給が25万円以下の人が利用すべき理由とは?

就職shop(ショップ)の評判はどうなの?ニート・フリーターが利用すべきメリット...