勤務形態を確認しよう!医師の求人情報の探し方のコツ

医師の求人に応募する前に、勤務形態を決めましょう。

そして、希望の勤務形態に合わせて、適切に応募先を選ぶことが大切です。

しかし、どの勤務形態がいいのか、どのように求人を探せばいいのかわからないですよね。

そこで今回は、医師の求人情報の探し方のコツを詳しくご紹介します。

勤務形態を決める

医師の勤務形態には、常勤と非常勤があります。

非常勤は常勤ではない医師のことなので、その中にスポットバイトも含まれます。

それぞれの特徴をみていきましょう。

常勤

医療機関が定める勤務日数・時間の条件を満たす医師を常勤医師といいます。いわゆる正社員のようなもので、長く勤めたい方に向いています。人間関係をゆっくり築いていき、その間にスキルを習得していくことが大切です。

常勤と非常勤をかけ持ちすることもできますが、常勤で十分な勤務日数がある場合は、ワークライフバランスを崩さないように注意しましょう。常勤の基準は医療機関によって異なります。1日8時間を週4日で満たすこともあれば、週5日が基準になっていることもあります。週5日働いたうえで、1日非常勤で働くことになれば、週6日勤務となってしまいます。

非常勤

常勤の条件を満たさない医師のことを非常勤医師といいます。非常勤は、常勤とは別枠で募集されており、当直のような特殊な勤務を求められない傾向があります。勤務時間が短いため、それだけ人間関係を築くのに時間がかかります。

有名な医師がいる医療機関に応募すれば、知識や技術を身につけるだけではなく、コネクションを作るチャンスとなるでしょう。

スポットバイト

1日あるいは数日だけ勤務する形態をスポットバイトといいます。一時的にしか働かないため、人間関係を築く必要がありません。スポットバイトを募集する理由は、大事な会合やイベントなどに出席しなければならず、医師の人手が足りなくなるためです。

また、難しい手術のサポートや在宅医療などを任されることもあります。給与が高く設定されているケースが多いため、より多くの給与を得たい方におすすめです。健康診断を行う医師のスポットバイトなどもあり、内科診療や内視鏡検査などがあります。

求人情報サイトをチェック

医師の求人に応募したい場合は、求人情報サイトをチェックしましょう。

また、かけ持ちではなく転職を希望する場合は、転職サイトをチェックすることが大切です。

診療科目や勤務形態、希望給与などを検索条件に入力すれば、条件にマッチした求人情報が表示されます。

求人情報は、次の項目をチェックしましょう。

待遇

医療機関によって待遇が大きく異なります。詳細なことが明記されていないこともあるので注意しましょう。勤務内容に対して妥当な給与になっているか確認が必要です。在宅医療を行っている場合は、1件ごとに報酬が発生するのか、時間で発生するのかなど、細かいことまで確認しましょう。

独自の治療の有無

独自の治療を行っている医療機関で働くことができれば、視野が広がる可能性があります。また、技術や知識を身につける機会となり、スキルアップにも繋がるでしょう。また、有名な医師による独自の治療を行っている場合は、コネクションも作れます。

自分にとってのメリットを考える

求人状を探すときには、その医療機関で働くことにどのようなメリットがあるのかを考えましょう。転職の場合は、今いる医療機関から転職するのは本当に正しい選択なのかを考えることが大切です。

しかし、このような問題はとても難しいため、自分だけで応えを出すことはできないかもしれません。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。自分の医師としてのキャリアを踏まえ、自分の隠れた強みを引き出してもらえるでしょう。

また、取引している医療機関の事情を知っているため、自分に合っているかどうか知ることも可能です。

1つずつ面接を受けよう

求人に応募する際には、1つの医療機関に絞る必要はありません。ただし、一気に面接を受けない方がいいでしょう。

複数の医療機関から採用された場合、その中から1つだけ選ぶことになります。

採用側としては、採用することを伝えた時点で医師を迎え入れる準備を始めるため、辞退されると非常に困るのです。

医師の繋がりは強いため、様々な医療機関からの内定を辞退している噂が広まると、今後のキャリアに関わる可能性もあります。

第5候補ぐらいまでピックアップして、第1候補から順に面接を受けましょう。

まとめ

医師の求人情報を探すときは、必ず自分に合った条件で検索しましょう。

医療機関によって給与水準が異なるうえに、勤務の内容も異なります。

内視鏡検査のような技術が必要なスポットバイトは、給与が高く設定されている傾向があります。

ライフワークバランスを崩さないように注意しつつ、よりよいライフスタイルを築けるような求人を見つけましょう。

関連記事

医師の非常勤の求人に応募するメリットとデメリット

医師の訴訟リスクはどれぐらい?注意すべきポイントとは

【メドフィットの評判】臨床検査技師、放射線技師の転職に強い理由を解説!

知名度を上げたい医師必見!インタビューを受ける方法とコツ

【医師の転職エージェントランキング】選べるからこそ失敗しないエージェントとは?

【収入を増やせる?】医師のスポットバイトのメリットとデメリット、選び方