【JobRainbowの評判】すべてのLGBTが自分らしく働けることを目指すサイト

『JobRainbow』という求人サイトをご存知でしょうか?

LGBTの方が働きやすい、LGBTフレンドリーな企業の求人を扱っている求人サイトで、「すべてのLGBTが自分らしく働ける社会の創造」を目指しています。

具体的には、どのような特徴のあるサービスを提供しているのでしょうか?

また、どのような評判や口コミが寄せられているのでしょうか?

今回は、JobRainbowの評判に関する内容を中心にお伝えしていきます。

1.JobRainbowってどんなサービス?

まず、JobRainbowがどのような会社によって運営されているか、そのサービスにはどのような特徴があるかなどについて見ていきましょう。

1-1.運営会社の概要

会社名株式会社JobRainbow
代表者星 賢人
所在地東京都渋谷区道玄坂2丁目16-8
設立2016年1月
事業内容自分らしく働ける職場の創造(LGBT教育事業)
LGBTフレンドリーな職場情報の提供(LGBTしごと情報サイト「JobRainbow」)
企業とのマッチング(LGBT就職支援事業)

株式会社JobRainbowは、「すべてのLGBTが自分らしく働ける社会の創造」を目指し設立された、比較的新しい企業です。

現在はLGBTの就職領域の事業を中心に展開していますが、将来的には「“すべての人類”が自分らしく生きられる社会」を創造していくことを目標としています。

1-2.JobRainbowの特徴

それでは、JobRainbowのサービスにはどのような特徴があるのでしょうか?

1-2-1.カミングアウトは自由!

「JobRainbowを利用して求人に応募=カミングアウト」ではありません。

自信のセクシュアリティは非公開にしたまま、JobRainbowを利用していくことも可能です。

たとえセクシュアリティを正直に登録して利用しても、アウティングされてしまうことがないように十分配慮されています。

セクシュアリティを打ち明けるかどうかは、あくまでも本人の自由です。

1-2-2.審査を通過した企業のみを掲載

JobRainbowでは、求人を掲載するすべての企業の担当者と直接顔を合わせ、どれくらいLGBTフレンドリーであるかを24項目で細かく審査しています

その上で、十分にLGBTフレンドリーであると判断された企業のみが、JobRainbowに求人を掲載することができます。

たとえば、LGBT研修を実施していることは、この審査を通過するための必須項目となっています。

それはつまり、「LGBTの理解者が必ずいる」ということになるので、当事者にとっては安心材料の一つとなるでしょう。

1-2-3.スカウトも受けられる!

JobRainbowでは、自分で求人を探して応募することももちろんできますが、逆に「スカウトを受ける」という利用の仕方もあります。

会員登録を行うと、自分の履歴書を登録することができます。

それを見た企業やキャリアサポーターから、マッチしそうな求人を紹介してもらうことも可能になるのです。

ぜひ会員登録をして、スカウトの機能も利用してみましょう。

1-3.イベントにも参加できる!

JobRainbowでは、過去に何度かLGBTフレンドリー企業の合同採用イベントを開催しています。

現時点での情報では、2020年3月28日(土)に、「ジョブレインボーLGBT仕事博2020」が、渋谷ヒカリエで開催される予定があります。

約40社のLGBTフレンドリー企業が集まり、その担当者と直接話すこともできますし、LGBT当事者の先輩社員のリアルな声が聞けたりもします。

その場でエントリー→即内定のチャンスだってあります。

事前の申し込みは必要ですが、「自分らしく働く」ことを実現したい方であれば、セクシュアリティや年齢に関係なく参加することが可能です。

LGBTフレンドリー企業と生のやり取りができるチャンスなので、参加してみる価値は十分にあるでしょう。

2.JobRainbowの利用方法

ここでは、JobRainbowをどのように利用していけばよいかについてお伝えしていきます。

2-1.JobRainbowはこんな風に使おう

まず、JobRainbowの基本的な使い方について紹介します。

2-1-1.会員登録をする

会員登録をしなくても、求人を閲覧することは可能です。

しかし、スカウト機能を利用したり、求人を保存したりということは、会員登録を行うことで初めてできるようになります。

そもそも、会員登録をしなければ、せっかく素敵な求人を見つけても応募ができません。

会員登録はぜひしておきましょう。

2-1-2.求人を見る

希望とマッチする求人を見つけるためには、まずは求人検索機能を利用してみましょう。

LGBTフレンドリー項目、職種、勤務地、雇用形態などの条件から求人を検索できます。

LGBTフレンドリー項目については、研修の実施について、カミングアウトしている社員がいるか、服装についてなど、24項目から検索することが可能です。

求人を開いてみると、その企業のダイバーシティ(多様性)への考え方、24項目のLGBTフレンドリー評価なども確認できるようになっています。

どのようにフレンドリーであればよいか、求めるものは人それぞれ異なるかと思います。

ぜひご自身のニーズにマッチする求人や企業を探してみましょう。

2-1-3.フォロー&「興味がある」ボタン

「今すぐには応募しないけれど、気になる求人がある」

そのような時には、「興味がある」ボタンをクリックしましょう。

これによって求人がお気に入り保存され、その求人が出ている限りいつでも応募することができます。

また、気になる企業があれば、その企業をフォローし、新しい求人が出た時にすぐにチェックできるようにしておくことも可能です。

いずれの機能も、会員登録することで利用できるようになります。

2-2.退会方法について

続いて、退会方法についてです。

「JobRainbowを利用してみたけど、なんだか自分には合わない」などの理由から、「退会したい」と考えることもあるかもしれません。

JobRainbowのサイト上には、退会方法は明示されていませんが、利用規約の第5条には以下のように記載されています。

個人情報の開示・訂正・削除の必要がある場合は、下記の個人情報に関する苦情・相談窓口までメールでご依頼下さい。

(引用元:JobRainbow

そして、「info@jobrainbow.net」がその窓口のメールアドレスとして記載されています。

つまり、退会を希望する場合には、このメールアドレスに退会したい旨を記載したメールを送信するのが一番確実と言えるでしょう。

3.JobRainbowの評判・口コミ

それでは、JobRainbowに対して、どのような評判や口コミが寄せられているのでしょうか?

3-1.前向きな評判

まずは、前向きな評判について見ていきましょう。

https://twitter.com/rainyhearts08/status/1217395443048468481?s=20

https://twitter.com/rainyhearts08/status/1217566765217021953?s=20

このように、JobRainbowによって自分らしく働くきっかけを作ることができ、喜んでいる方の声が見られました。

また、JobRainbow代表・星賢人氏のインタビューの中でも、以下のような内容が語られています。

カミングアウトをして働くことに自分も家族も不安を持っていたという方から、「『JobRainbow』をきっかけに転職が叶い、家族と一緒に泣いて喜びました」と連絡をいただいたときは嬉しかったです。

(引用元:in.LIVE

JobRainbowで希望通りの転職を実現させることができ、喜んでいるLGBTの方は少なからずいるようです。

LGBTの方が自分らしく働くことを叶える上では、どうしても不安がついて回ります。

JobRainbowは、その不安に寄り添ってサポートしてくれるような存在なのでしょう。

また、同じ星氏のインタビューの中では、企業側からの評判についても語られています。

企業からは、「本質的なダイバーシティの促進につながり、職場での多様性がより可視化された」「LGBTに限らず、人が違うのは当たり前という考えが社内に根付いた」といった声をよく聞きます。一社で10人以上を採用した企業もあるんですよ。

(引用元:in.LIVE

JobRainbowの取り組みは、企業側にも変容をもたらしています。

「人が違うのは当たり前」という考えがどんどん広がっていけば、より多くの人々が生きやすくなっていくのではないでしょうか?

3-2.良くない評判

一方で、マイナスの評判も見られます。

JobRainbowを通して求人に応募したり、イベントに参加したりすること自体がカミングアウトになってしまうのではないかという声です。

実際には、セクシュアリティをオープンにする必要はありませんし、たとえオープンにしていても、アウティングが起こらないように十分に配慮されています。

大企業の求人しかないのではないかという不安の声もありました。

実際に求人を検索してみると、中小企業の求人もあります。

やはり就職や転職をするからには、どの企業であってもそれなりにアピールできるものは必要になるかと思いますが、最初から「大企業しかない」と諦める必要はないでしょう。

3-3.地方でも求人はあるの?

JobRainbowに掲載されている求人には、地方のものも確かにあります。

しかし、正直なところその数はかなり少ないようです。

都道府県求人数
北海道1件
福島県0件
東京都55件
長野県0件
沖縄県4件

やはり求人の多くは大都市に集中しており、地方の求人はほとんどないに等しい状態です。

「すべてのLGBTが自分らしく働ける社会の創造」を目指すのであれば、この格差の解消は今後の課題となるのではないでしょうか。

4.まとめ

今回は、JobRainbowの評判に関する内容を中心にお伝えしてきました。

JobRainbowがどのようなサービスなのか、ご理解いただくことはできたでしょうか?

運営会社自体もまだ新しく、まだまだ成長段階のサイトですので、今後の課題もあれば利用者側の不安も多くあるでしょう。

しかし、勇気を出して一歩踏み出す(=JobRainbowの利用を始める)ことで、LGBTの方々にとって何かが少しずつ変わっていくかもしれません。

実際にそのようにして、自分らしく働くことを実現させている方も出てきています。

今後の可能性に大きく期待できる、そんな求人サイトと言えるでしょう。

関連記事

利用する前に知っておこう!転職エージェントの裏事情と効果的な活用法

30代後半だけど転職したい!その厳しい現実と、成功のためのポイント

教員の転職はやっぱり難しい!?考えられる転職先と後悔しないために大切なこと

【働くとは?】長く働けるかどうかで1億変わる!いい会社の条件とは

LGBTフレンドリーな求人を賢く探そう!おすすめの転職サイト5選

LGBTに関わる仕事にはこんなものがある!どうやって求人を探せばよい?