30代後半だけど転職したい!その厳しい現実と、成功のためのポイント

20代のうちはそれほど難しくなかった転職も、30代になると段々とハードルが高くなってきます。

特に30代後半の転職は、「35歳転職限界説」という言葉があるくらい、とても厳しいものになると言われています。

しかし、30代後半の転職は、それほどまでに厳しいものなのでしょうか。

また、実際に30代後半の転職者にはどのようなことが求められ転職を成功させるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

今回は、30代後半の転職の厳しさと、成功させるためのポイントについてお伝えしていきます。

1. 30代後半の転職って、そんなに厳しいの?

30代後半の転職は厳しいイメージがありませんか?実際はどうなのか解説します。

1-1. 30代後半の転職は増えているが…

30代後半の転職は、それほど厳しいのでしょうか。

実際のところ、以前よりは30代後半に対する需要は増していて、転職を成功させる方も増えてきてはいます。

30代後半で転職することは不可能ではありませんし、ひと昔前よりもハードルは下がっていると言えるでしょう。

しかし、それは決して転職が簡単にできるということではありません。

20代や30代前半と比較すると、やはりかなり厳しい戦いになるのは間違いないでしょう。

1-2. 若者と比べると上がるハードル

30代後半になると、そもそも年齢制限でアウトになってしまうことも多くなります。

20代であればまだまだ応募できる求人はたくさんありますが、30歳を過ぎると段々と応募できない求人が増えてきます。

35歳を過ぎるとさらに求人は限られてきてしまい、この時点で若者と比べるとかなり不利になります。

また、たとえ30代後半でも応募可能な求人であったとしても、どのような方でも採用されるわけではありません。

同じような能力であれば、30代後半よりも20代の方を採用したいのが企業側の本音です。

30代後半の方が採用されるためには、即戦力やマネジメント能力といった、スキルや経験を積み重ねてきたからこそ発揮できる能力が求められるのです。

そのような意味でも、若者と比べるとグッとハードルが高くなります。

1-3. 転職回数の多い方は注意!

このように、30代後半で転職をする場合は、それまでにある程度のスキルや経験を積み重ねていること、それによって即戦力やマネジメント能力を発揮できることが強く求められます。

逆を言えば、30代後半でそのような能力がない方は、さらなる厳しい戦いを強いられることになります。

例えば、今までに何度も転職を繰り返している方や、職歴にブランクが多い方などは、「スキルや経験が浅く、能力が不足している」と見なされてしまいます。

そのような方は、「これを最後の転職にする」という覚悟で転職に臨む必要があるでしょう。

2. 男性と女性、それぞれに特有の厳しさとは

性別によって転職の厳しさも違ってきます。それぞれ解説します。

2-1. 男性の収入ダウンは死活問題

30代後半で転職する厳しさは、男性と女性、それぞれに違ったものもあります。

まず男性の場合は、収入のことを考えて転職しなければならないことが多くなります。

この年齢の男性は、すでに結婚して子供もいるという方が多いことでしょう。

そうなると家族を養っていく責任があり、転職による収入ダウンはできれば避けたいところです。

特に未経験の転職をするとなると、収入ダウンは避けられない問題となるので、慎重な転職を行う必要があります。

2-2. 女性はワークライフバランスを大切にしたいけれど

一方女性の場合は、ワークライフバランスを重視した転職が多くなります。

「子育てのための時間を確保したい」「家族との時間を大切にしたい」という女性が増えてくるのがこの年代です。

出産がまだの方の場合だと、「そろそろ産みたい」と考えることもあるでしょう。そのため、休暇の取りやすさや時短勤務が可能なことなどを第一に考えて転職をしようとする方が多くなっています。

しかし、そのような転職でも、やはりそれまで積み重ねたスキルや経験が一番に問われます。

企業側としては能力を発揮していってくれる人材が欲しいのです。

休暇や時短勤務の希望ばかりを前面に出せば、印象が良いとは言えないでしょう。

3. 未経験へのチャレンジも、やはり厳しい?

未経験の転職となるとやはり厳しいですが、不可能ではありません。ただし、リスクも併せて考えてみましょう。

3-1. 未経験なら「異職種」よりも「異業種」が転職しやすい

これを読んでいる方の中には、未経験の分野への転職をお考えの方もいらっしゃることでしょう。

未経験の転職は、大きく2種類に分かれます。

①自分自身が専門とする仕事を別のものに変える「異職種」への転職

例えば、それまで営業職で働いていた方がプログラマーに転向するといった場合がこれに当てはまります。

もう一つは、

②今とは違う業界の企業へと転職する「異業種」への転職

金融系の企業からIT系の企業へと転職する場合などがこれに当てはまります。

30代後半の方にとっては、異業種への転職の方がハードルは低くなります。

営業職の方がプログラマーになろうとすれば、一から勉強し直し、経験も積みなおさなければなりません。

それよりは、今まで積み重ねたスキルや経験を違う業界で生かすことを考えた方が現実的でしょう。

3-2. 未経験の転職は収入ダウンも覚悟して

異職種にしろ異業種にしろ、未経験の転職をすればそこでは新人となります。そうなると、大幅な収入ダウンは避けられない問題です。

もし「収入をアップさせたい」と考えての転職であれば、未経験の転職はあまりお勧めできません。

「収入がダウンしてでもやってみたい仕事がある」という強い熱意をお持ちであれば、未経験の転職をする価値はあるでしょう。

収入を取るか、仕事内容を取るかは、しっかり考えておきたいところです。

4. 資格よりも人間力!30代後半の転職はこれが重視される

30代後半の転職に重視されるものをご紹介します。

4-1. 30代後半の転職者に求められるもの

先ほどもお伝えしましたが、30代後半で転職する方には、即戦力やマネジメント能力が求められます。

30代前半でも即戦力は重視されますが、30代後半ともなるとそれは「持っていて当たり前」というレベルになってきます。

30代後半の方には、後輩や部下を指導して育てていく、チームや部署のメンバーを引っ張っていく、その上でそれなりの成果を残すといったことも求められるようになるのです。

しかし、どんなにそれらの能力があっても、仕事に対する熱意がなければ企業側は採用しようとは考えません。

また、新しい仕事やそこでの人間関係に対する適応能力も、即戦力やマネジメント能力を存分に発揮するために必要になります。

4-2. 資格はあった方がよいのか?

「何か資格があれば、転職に有利なのでは?」と考える方もいらっしゃることでしょう。

実際に、資格が有利に働くこともないわけではありません。

しかし、ここでも問われてくるのがそれまでの経験です。

資格だけを持っていて、実際にその仕事内容を経験したことがない、あるいは経験が浅いといった場合には、有利に働かせることは難しいでしょう。

求められているのは資格の有無よりも、やはりそれまでの経験と、それに基づいた即戦力やマネジメント能力です。

5. エージェントの利用がカギ?転職を成功させるポイント

30代を過ぎてからの転職はエージェントを活用することで成果に差が出てきます。

5-1. 転職を成功させるポイント

それでは、30代後半の転職を成功させるためには、どのようなことが大切なのでしょうか。

まず、自分が今後どのようなキャリアを積んでいきたいのかを思い描きましょう。

これを行うことで、どのような条件を優先して転職するべきかが見えてきます。

これがあやふやなままで、単に「今より好条件の企業に行きたい」という希望だけでは、入社後のミスマッチに苦しむ可能性が高くなります。

そして、これまでの自分のスキルや経験を棚卸しして、どのようなことができるのかを明確にしておきましょう。

これは、具体的な数字や事実を交えながら説明できるようになると、わかりやすくアピールすることが可能になります。

これらの点について明確にした上で、自分自身とマッチしそうな企業を見極め、狙いを定めていきましょう。

転職を成功させるためには、闇雲に何社も受けていくのは効果的ではありません。

やはり自分の優先したい条件を大切にしつつ、力を発揮していける企業を何社か受けてみるのがよいでしょう。

5-2. 注意点は、とにかく焦らないこと!

30代後半での転職活動は、ある程度長期化することも考えられます。

そこで焦ってしまい、とりあえず内定をもらえた企業に入社してしまうと、ミスマッチを起こす可能性がグッと上がります。

そうなると、40代以降の転職はさらに厳しくなるのが現実です。とにかく焦らずに、転職活動を行いましょう。

そのためには、可能な限り現在の職場には籍を置いたままで転職活動を行うことをお勧めします。

無収入のまま転職活動が長期化すると、どうしても焦ってしまうためです。

現在の職場は辞めずに、焦らず転職活動を行いましょう。

5-3. 転職エージェントを利用しよう!

自分が優先したい条件や、何ができるのかなどが明確になっても、それとマッチする企業を正確に見つけ出すのはなかなか難しいでしょう。

そのような時に、転職エージェントを利用すれば大きな力となってもらえます。

転職エージェントとは、転職者と企業の双方のニーズをマッチングさせてくれる無料のサービスです。

プロのキャリアアドバイザーが担当としてつき、マッチングだけでなく、面接対策や応募書類の添削なども行ってくれます。

転職エージェントはいくつもありますが、それぞれ得意としているものが異なります。

収入アップを目指したい方向けの求人が豊富なエージェントもありますし、ワークライフバランスを大切にしたい方向けの求人を多く扱っているエージェントなどもあります。

自分が優先したい条件などに見合った転職エージェントを選ぶようにしましょう。

ちなみに、30代におすすめの転職エージェントはこちらを参考にしてみてください。

30代におすすめ転職エージェントランキング!口コミ・評判の良い4社をプロが厳選

6. まとめ

30代後半で転職することは、決して不可能なことではありません。

ただし、厳しいということは間違いないでしょう。

それまで積み重ねたスキルや経験、それに基づいた即戦力やマネジメント能力が求められているのです。

30代後半の転職を成功させるためには、大切にしたい条件を明確にするとともに、転職先でどのように力を発揮していけるのかを具体的に伝えられるようにしておきましょう。

転職が成功すれば、それまでの職場では得られなかったものを得ることができます。

収入アップ、キャリアアップ、生活のゆとりなど、得られるものは人それぞれです。

それらを得ることは、30代後半の今からでも十分可能なことなのです。