30代未経験からプログラマーになる前に知っておくべき事となる方法

30代以降未経験からではプログラマーに転職しにくいと思っていませんか?

実際に、30代未経験では20代と比べて不利になることは事実です。

ただ、今後IT人材はますます人手不足になることが予想され、30代未経験でもプログラマーに転職することは可能になってきます。

そこで、今回は30代未経験がプログラマーに転職する前に、

  1. 知っておくべきこと
  2. 未経験からプログラマーになる方法

について現役のプログラマーが解説していきます。

この記事を読めば、あなたが今後プログラマーとして道を歩むべきか、どのように進めばいいかがわかるようになるでしょう。

1. 30代未経験でのプログラマー転職は不利?

30代未経験からプログラマーに転職することは、不可能ではありませんが、一般的には難しいと言われています。その理由を解説します。

1-1. 未経験ではポテンシャルを求める傾向

30代未経験でプログラマーの転職するのは不可能ではないのですが、20代に比べると不利になります。

なぜなら、最近の若い方は小さいころからITやデジタルに触れることが多く、30代より技術に対してのアンテナや柔軟性が高いことが多いと思います。

20代であれば、ポテンシャルがある可能性が高く、同じスキルの20代と30代であれば、20代の方が採用される可能性が高くなります。

1-2. 上司となるマネジャーやリーダーは年下の可能性が高い

企業の環境にもよりますが、IT企業は社員年齢が若い傾向があります。

30代未経験で転職した場合、年下の上司となる可能性もあります。

日本では年功序列の風潮があるため、20代が多い大企業では30代未経験を雇う可能性は低いと思われます。

私の体験談になりますが、ある程度大きなプロジェクトに参画していた時にメンバーが足りないということで、外注を頼もうとした時、30代後半の未経験の方を候補であげたことがあります。

しかし、プロジェクトメンバーは20代ばかりでしたので、必然的に教えるのは年下ということもあり、その方は残念ながら、採用されることはありませんでした。

まだ、歳が同じくらいか30代前半ならで、採用されていたかもしれません。

また、30代経験者の場合、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーのポジションに就く場合が多いので、未経験の方よりも経験者の方が好まれる傾向が高くなります。

1-3. 30代未経験でのプログラマー転職は可能

30代未経験でプログラマーの転職では、20代よりも不利なのは事実になりますが、企業によっては基準が異なるので、雇ってくれるところもあります。

なぜなら、現在、売り手市場なので、絶好のタイミングだからです。

IT人材の需要が高まっている中、IT人材不足の事象が起きているため、プログラマーやシステムエンジニアが不足しています。

そのため、20代だけでは人手が足りなく、30代未経験でも採用や仕事を任せる傾向となっています。

その結果、30代未経験でもプログラマーやエンジニアとして転職することができると言えます。

2. プログラマーは本当に適職かを確認する

それでも30代からの転職は難しくなります。転職する前に本当にプログラマーが自分に向いている職業なのかを考えてみましょう。

2-1. 30代ではやり直し出来ない可能性あり

30代からの転職はやり直しが出来ない可能性があります。

今までのキャリアを捨てて、未経験のプログラマーとして転職することになるので、慎重に行動しましょう。

プログラマーの仕事に就く前に「本当に自分に適しているかどうか」を確認することが大切です。

プログラマーが自分に適しているか確認する方法

一つでも当てはまれば、プログラマーとしては難しい項目
  1. 突き詰めて考えることが苦手な人
  2. 長時間椅子に座ることができない人
  3. パソコンを使うのが苦手、抵抗がある人
一つでも当てはまればプログラマーとしての適性が高い項目
  1. 新しいことや単純作業も苦にならない人
  2. プログラミングを楽しいと感じることができる人
  3. 作業に没頭できる集中力を持っている人

実際にプログラマーとして働くまで想定出来ないこともありますので、無料体験でプログラミングの講座を受けたりインターネットで学習してみることをおすすめします。

プログラミングは向き不向きがはっきり分かれるので、事前に体験しておきましょう。

万が一、プログラミングが不向きだと気付いたとしても、現状の仕事を続けられることが出来ます。

2-2. 年下から教わることに対しての謙虚さを持てるか?

30代未経験でプログラマーとして企業に転職すると、年下から教わる可能性があります。

仕事を教える側も業界では先輩であっても、年上の部下に気を遣ういう事実も忘れないようにしましょう。

年下の方から教わりたくない方は、現状の仕事を続けましょう。

2-3. 自ら考えて行動出来るか?

プログラマーという職業は、自ら考え行動して行かなくてはいけません。

具体的には、

  1. わかりないことは調べる
  2. わからないことは自分で考える
  3. それでもわからなければ人に聞く

常に問題に直面しながらも、解決策を探し、問題を解決する能力が求められます。

自分でよく考える、人に聞くという作業がすぐに出来ない方は難しいかもしれません。

自ら行動出来ない方、仕事を教えてもらうのが当たり前と思っている方は現在の仕事を続けましょう。

3. 需要のある開発言語を選ぶ


プログラマーとしてキャリアをスタートさせる前にあらかじめ、どのような開発言語を学んでいくかを考えておきましょう。

3-1. どのような開発をしたいのかを考える

プログラマーとして転職した場合、何の開発をしたいのか考えておきましょう。

プログラミングと言っても、開発言語、フロントエンド、バックエンドなどによっても、企業の選び方が異なってきます。

もし、特にやりたい開発言語が決まっていない場合、需要がある言語を選んでおきましょう。

3-2. 現状、人気がある言語はオブジェクト指向型の開発言語

現状、プログラマーの求人が最もある開発言語はJavaになります。

次いで、PHP、C++、C#となっています。

現状、最も求人がある開発言語はオブジェクト指向型の言語で、幅広い分野に使用可能な汎用性の高さが挙げられています。

3-3. 注目度が集まっているのは、Python

近年、AIやビッグデータの開発・実用化が進むにつれ、Pythonの注目度が高まっています。

なぜなら、機械学習やデータサイエンス、Iot、ロボティクスといった分野でPythonが使われいることから注目されていると考えられるからです。

私自身、現在、Pythonで開発していますが、実際、ソースコードが見やすい、他の言語と比べると文法を簡潔にすることができるのもメリットに思っています。

そのため、プログラミング初心者の方がとっつきやすい言語だと思っています。

4. プログラミングスクールでスキルを習得するのが近道

早く転職したい場合は、プログラミングスクールに通ってスキルを習得して、そのまま転職するという道もあります。

4-1. 独学よりも効率的に学べる

早めにプログラマーの仕事に就きたい方はプログラミング専門のスクールに通うことのがいいのかもしれません。

もちろん、独学でも可能になりますが、既に30代で未経験であること、転職するのにリミットが迫っていることを踏まえると、短期間で学べるのはプログラミングスクールに通った方が効率的になります。

4-2. 有料と無料のプログラミングスクールがある

もし、プログラミングスクールに通うことを検討する場合、いくらまで払えるのか考えておく必要があります。

学びたい言語、内容、転職サポートの有無にもよりますが、費用はまちまちです。

事前に必ず、プログラミングスクールの費用、学習内容を確認しておきましょう。

4-3. ポートフォリオを作っておく

プログラマーが就職、転職の際に企業側からポートフォリオの提出を求められることはほとんどないでしょう。

私も転職した際にポートフォリオを提出したことはありません。

しかし、ポートフォリオを作成した場合、プログラマーとして実務未経験者がWEB上で自らのサンプルプログラムを公開することは非常に有効です。

企業の採用担当者はWEBポートフォリオを見れば、実務経験が無くてもプログラマーとしてスキルをもっているかどうかを判断できます。

もし、時間に余裕があれば、ポートフォリオを作成しておきましょう。

5. 30代からでも通学可能なプログラミングスクール5選

30代未経験からでも入学可能なプログラミングスクールをご紹介します。

5-1. 開発言語で選ぶなら

.Pro(ドットプロ)

Python特化型プログラミングスクール

日本で唯一のAI教育を重点としているプログラミングスクールです。Pythonコースは取り扱っているプログラミングスクールがほとんど無く、 人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能です。

受講場所東京(渋谷)、オンライン(Slackを利用)サポートもあり
学習期間6ヶ月間
対象言語Python/フロントエンド(webサイト・webデザイン)
価格498,000円(税別)
転職サポート提携企業への転職支援あり

.proの公式サイトを見る

5-3. 短期間での習得を目指すなら

DMM WEBCAMP

1ヶ月で集中して一気に学ぶことができるプログラミングスクールです。未経験でも安心のサポート体制で高い「継続率」「修了率」「卒業率」を誇っており、受講者満足度も90%以上となっています。

受講場所東京(渋谷)
学習期間30日間・60日間・90日間
対象言語Ruby/Ruby on Rails
価格128,000円(30日間)、218,000円(60日間)、298,000円(90日間)(税別)
転職サポートあり

DMM WebCampの公式サイトを見る

5-2. オンラインで学ぶなら

tech boost

エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているBranding Engineerが 運営するオンラインプログラミングスクールです。転職サポート付きでスクール卒業後もキャリアも安心して学習することができます。

受講場所オンライン
学習期間3ヶ月〜
対象言語Ruby/PHP/jQuery/React.js、Blockchain / AI / IoT
価格入学金184,800円(税別)、月額29,800円(税別)
転職サポート関連サービス「Tech Stars Agent」でサポート可能

tech boostの公式サイトを見る

CodeCamp

オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1(日経トレンディ別冊調べ:調査日 2016年10月31日)の実績を持つサービスです。 高い学習効果が評価されテレビや新聞、ビジネス誌など多くのメディアで紹介されています。

メディア掲載実績(一部)

NHK,日本経済新聞,朝日新聞,毎日新聞,東洋経済ダイヤモド,NewsPicks,TechCrunch,THE BRIDGE,CNET,アスキーなど

受講場所オンライン
学習期間2ヶ月〜6ヶ月
対象言語html/CSS3/JavaScript/Boostrap、Swift/Android、PHP/MySQL/Ruby/Ruby on Rails/Java基礎/Java応用/Javaサーブレット
価格入学金10,000円(税抜)、コース148,000円〜
転職サポートサポートあり

CodeCampの公式サイトを見る

TechAcademy (テックアカデミー)

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつきます。オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までのサポートが強みです。

受講場所オンライン
学習期間4週間〜
対象言語Ruby on Rails/PHP/Python/Java/Scala
価格99,000円(税別)〜
転職サポートサポートあり

TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトを見る

5-4. 5社を比較(自分に合ったスクールを選ぼう)

5社を比較しました。ご自身の目的に合わせてプログラミングスクールを選びましょう。

無料体験や問い合わせができるものもありますので、気になるものは一度問い合わせてみつことをおすすめします。

 .ProDMM
WEBCAMP
tech
boost
Code
Camp
Tech
Academy
オンライン
/通学
通学/
オンライン
通学オンラインオンラインオンライン
学習期間6ヶ月間3ヶ月〜3ヶ月〜2ヶ月〜
4週間〜
対象言語PythonRuby/
Ruby on Rails
Ruby/
PHP/
jQuery
PHP/
MySQL/
Ruby/
Ruby on Rails/
Java基礎/
Java応用/
Javaサーブレット
Ruby on Rails/
PHP/
Python/
Java/
Scala
価格498,000円128,000円〜入学金184,800円
月額29,800円
入学金10,000円
コース148,000円〜
99,000円〜
転職
サポート
ありありありありあり

6. 最後に

30代未経験でプログラマーの転職は不可能ではないですが、企業によっては、20代より厳しいのが現状です。

ただ、プログラマーの職に就きたいと思っているのでしたら、30代でも早めに行動した方が転職出来る可能性が高くなります。

確かに20代には敵わないことがありますが、やる気、センスがあれば、誰にでもプログラミングは出来ると思っています。

1日でも早く実践してみましょう!

関連記事

【ネットビジョンアカデミーの評判】無料で学べてネットワークエンジニアになれるって...

【パーソルテクノロジースタッフの評判】利用のメリット・デメリットも紹介

【TechAcademy(テックアカデミー)キャリアの評判】未経験から学べて就職...

【パソナテック(PASONA TECH)の評判・口コミ】未経験でもOK?利用者の...

【マイナビエージェントITの評判】エンジニアが転職する際に利用すべき理由を解説

【2018年】IT技術者はどう転職すべき?元IT会社員が語る実際のところ