【JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介】評判や口コミについてのまとめ 逆求人ってなに?

JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介』という就職支援サービスはご存知でしょうか?

これを見たあなたは、JOBRASS(ジョブラス)のことを詳しく知りたいと思ったかもしれませんし、もしくはジョブラスの評判を知りたいとか口コミが気になったかもしれません。

はたまた、逆求人ってなに?と思ったかもしれません。

そんなあなたに本記事では、ジョブラスのことを余すことなくお伝えしたいと思います。

この記事を最後まで読んで頂ければ、あなたが『JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介』を利用すべきかがわかるようになり、今後の就職活動にとってプラスに働きます。

【2020年11月:21卒就活 最新動向】

「11月は内定辞退などにより、急遽採用活動を再開する企業が多く、チャンスの月」

例年11月は秋採用の時期になります。

内定式に参加した学生の中には、内定辞退をする学生が少なからずいます。そのため企業は急遽採用活動を再開するケースが例年発生しています。

つまり、この時期内定を獲得しやすい時期になっています。

特にこれからご紹介する就活エージェントを活用すれば、早期に内定を獲得できること間違いなしです。

無料で就活のプロにアドバイスをもらい、早期に内定を獲得しましょう。

1. JOBRASS新卒紹介とは?

JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介』とは、株式会社アイデムが運営する新卒紹介サービス(就活エージェント)のことです。

株式会社アイデムと言えば、求人広告の老舗会社であり、求人企業とのパイプが太いことでも有名な会社です。

転職希望者向けのアイデムスマートエージェントからスタートさせた人材紹介業を就活生向けに展開したサービスが、ジョブラス新卒紹介です。

1-1. JOBRASS新卒とJOBRASS新卒紹介の違い

『JOBRASS(ジョブラス)新卒』とは、就活サイトと呼ばれるもので、類似のサービスとして、「リクナビ」や「マイナビ」などの就活サイトが存在します。

上の図のように、就活サイトの特徴は、1人で行う就活スタイルを基本としています。プロフィールを入力し、掲載している企業の説明会や面接を自分で応募して受けるものになります。面接の日程調整や内定後の交渉なども企業と直接行う必要があります。

一方で、『JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介』や『キャリアチケット』のようないわゆる就活エージェントサービスでは、就活のプロが就活をサポートしてくれることが基本となっています。


上の図のように就活のプロである就活エージェントが、あなたのかわりに企業探しや面接の調整などを代わりにしてくれるだけでなく、内定の獲得率を向上させるようなアドバイスやサポートをしてくれます。

表で就活サイトと就活エージェントの違いを比較してみました。

就活サイト就活エージェント
手軽さ自分の判断ですぐに可能登録後にアドバイザーと面談
求人の数・質求人数は多い非公開求人
企業とのやりとり全て自分で行う就活のプロが代わりに調整してくれる
内定獲得率個人差もあるが一般的就活のプロからの推薦もあり、高い
就活のアドバイス自分で考えるしかない就活のプロがアドバイスしてくれる
面接対策対策なし就活のプロが対策してくれる
情報の収集自分で行うしかない就活のプロを通して収集できる

就活サイトは手軽に利用できる点では良いですが、効率性や内定率の向上など成果を求めるのであれば、就活エージェントの利用は必須と言えます。

1-2. JOBRASS(ジョブラス)の逆求人とは?

ジョブラスで検索すると「ジョブラス 逆求人」というワードでも検索している方が多いので、解説します。

就活サイト『JOBRASS(ジョブラス)新卒』では、登録すると企業からオファーが届くスカウト機能が備わっています。これを「逆求人」と呼んでいます。

オファーにも4つのタイプがあります。

1-2-1. スペシャルオファー

一番ランクが高いオファーで、プロフィールをよく確認した上で、「ぜひ会いたい」と企業担当者が思った人のみに送られるものです。

1-2-2. マッチングオファー

登録した時の条件と合致したときに来るオファーで、システムでマッチングされるようになってます。

1-2-3. インターンオファー

インターンやオープンセミナーを実施している企業からよく来るオファーです。

1-2-4. 新卒紹介オファー

『JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介』の求人にマッチした場合に送られて来るオファーです。一般的に非公開求人と呼ばれるものになります。

1-3. JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介の特徴

『JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介』以外にも就活エージェントサービスは多数存在しますので、ここではJOBRASS(ジョブラス)新卒紹介の特徴を3つご紹介します。

  1. 面談場所が東京、名古屋、大阪の3箇所に存在
  2. 理系・体育会系・留学生・地方学生など幅広い就活生が利用可能
  3. カウンセリングに定評がある(株)アイデムが運営

JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介』公式サイト

https://jobrass.com/gakusei/SCST00101

2. JOBRASS新卒紹介の評判・口コミ

次にJOBRASS新卒紹介の評判や口コミについてご紹介します。

2-1. Yahoo!知恵袋からの口コミ

まずは、国内最大手のQ&AサイトであるYahoo!知恵袋からの口コミです。

Yahoo!知恵袋は困ったことやお悩みに対して、回答者の方が答えてくれるサービスです。

ベストアンサーの方の回答は的確なものも多く参考になりますが、専門家ではない方や匿名の方なども多いサイトになりますので信憑性に欠ける一面もあります。

あくまで一参考としてYahoo!知恵袋を活用していただくのがいいかと思います。

おすすめの新卒求人紹介会社(就活エージェント)を教えてください。

現在就職活動中の大学4年生です。

マイナビやリクナビ、ハローワーク等で求人を探しているのですが、思うような求人が見つからず、JOBRASS新卒やマイナビ新卒等、個別相談で求人紹介をしてくれる新卒求人紹介会社を探しています。

質問者の方は就活生ですね。大手求人サイトやハローワークでなく、他にも活用できる新卒紹介会社を探している模様です。ジョブラスも候補に入っているんですね。

就職活動しているものです。
今、ジョブラスというサイトで携帯会社から選考オファーをいただきました。
オファー内容は、あなたの自己PRのを読んで当社で活躍し貴重な存在であると確信しました。

一度面接にきませんか。ということでした。
このような場合って内定いただける可能性が高いのか。
それとも、単なる建前なのかわかりません。
皆さんならどう解釈しますか。

これはジョブラスに登録した際に届くオファーメールというものです。

別名スカウトメールとも呼ばれるものですが、特徴はその気にさせて選考意欲を掻き立て応募を促すというものです。

「あなたに興味がある」「ぜひ会いたい」などの趣旨のメールを送るが、応じて実際に面談や面接などに行って見るとさっぱりしていた。なんて話は良く聞くものです。

裏側は人事採用担当者もノルマがあり、何件応募とかありますので、数をこなさなくてはいけないということがあります。

実際は数の論理で企業からすれば応募者は多ければ多い方がそこから絞り込めますし、良いですよね、ということでスカウトメールはあまり真に受けない方がいいと個人的には思います。

就活中の大学四年生です。

ジョブラスという就活サイトを利用しているのですが、企業から特別選考付きの選考オファーというものを受けました。

この特別選考とはどういったものなのでしょうか?また、特別選考があれば内定を貰うのに少し有利になったりするものなのでしょうか?
わかる方がいればお願いします。

こちらもスカウトメールに似たようなメールですね。

人は「特別」という言葉を用いられると弱い一面があります。

実際に特別なのかもしれませんが、特別ではないことが大半です。

「特別選考」とすると応募者が増えるかもしれないとか考えてスカウトメールを送る採用担当者がほとんどではないでしょうか。

2-2. Twitterからの口コミ

Twitterは国内でも最大規模を誇るSNSです。

若者から絶大なる支持を受け、ユーザー層も若い方が多いのが特徴。

拡散能力の高さや手軽さから瞬く間に普及背景には、スマホでの簡単な利用や情報共有としての利便性があったからだと思われます。

就職活動でも今や必須の情報収拾ツールとなったTwitterでしが、企業も公式アカウントを取得し、情報発信する機会が増えてきました。

企業と学生双方にとって、就活で役立つツールであることは間違いなさそうですね。

合同説明会にきた就活生の呟きですね。

満員御礼だったのか、入場制限がかかるほど人気んだったのですね。

にしてもつぶやいている就活生同様、予約した意味はなんだったのかと思っちゃいますね。

こちらの就活生は気の毒です。

こちらは、来年就活をする学生さんからのツイートです。既に就活を視野に入れているところが意識が高そうなコメントですね。

2-3. 国内掲示板『みん就』からの口コミ

就活生であれば利用している人も多いメディア『みん就』ほぼ現役就活生からの口コミなので信憑性も高いです。

1月頃登録、電話面談をしてそれから3月末までは頻繁に連絡来てました。ただ、紹介された企業は尽く1次で落ちたので自分と合ってなかった。
内定自体はあったものの行きたい業界とは違ったため個人的に悩んだのは4-5月。エージェントに相談するか考えたが3月末から何の連絡も来てなかったため1人で乗り切りました。
ほぼ、就活も終わりかけた先週、6月で面接解禁になったから改めて面談をして企業を紹介したいと連絡きました。笑自分から連絡しなかったこっちも悪いのかもしれないが3ヶ月間放置されて今更企業紹介?とちょっと頭にきました。

ジョブラス使ったけど担当者面談でせかせかしてる説明会予約確定したのに満席になった言われて説明会参加できなかったり、、、ハズレだったな、、、
ゼミ形式でやってくれたりテクニカル的な面だと良いのかな。

大学の進路課の対応が悪くて一人じゃ上手く就職活動が出来ないという方には、是非お勧めです。(因みに私は進路課の愚痴沢山言ったら、親身にのってくれました笑)
他の就職支援の会社とは違って、ただ企業を紹介しておしまい!というわけでなく、ちゃんと学生のことを思ってくれている会社です!!
紹介した企業対策だけでなく、これから自分が受ける企業(大手から中小まで)の書類添削、面接対策も丁寧にみてくれますので、是非活用してほしいと思います!
とてもアットホームな会社なので、就職活動が上手くいけるか不安という方は是非足を運んでみてください。キャリアカウンセラーが親身にのってくれます!(とても面白い方なので、10秒たたないうちにすぐに親しくなれますよ(*^。^*))

カウンセラーとアドバイザーの方たちの対応、超超優しかったですよ!
困ったことなど言ったら、ちゃんと親身に聞いてくれたので、嬉しかったです!!
とても環境が良いので、これからも活用させていただきたいと思います!!

カウンセラーやアドバイザーの方たちの対応がとても親切で良かったですよ!(悩みをちゃんと聞いてくれますし。)
紹介企業の書類添削や面接対策だけでなく、現在選考中の企業の対策までしてくれましたので、是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

ジョブラスかなぁ。エージェントが良いっていうより、ゼミ形式でES添削から面接のマナー、集団面接練習、GD練習まで色々やってくれた。集団面接練習で実際の企業の人事が来てくれて、良い印象が残せればそこから特別選考が進むから一石二鳥。もちろん人も良かった。求人面では良いのかどうか分からない。 

3. JOBRASS新卒紹介のまとめ

JOBRASS新卒紹介については、良い口コミと良くない口コミと半々と言ったところでしょうか。

求人広告の老舗『アイデム』の会社だけあり、求人数は多そうな印象は受けます。

また、メディアへの露出は多く知名度は高いので、大手就職支援サービスとも引けをとらない規模感でのサービス提供が可能となりそうですね。

これから利用を検討して見る人、他社と比較検討してから利用を考えて見る人にも、ジョブラス新卒紹介は登録していい1社かもしれません。

ただ、就活エージェント1社だけを利用しての就活は求人企業の偏りやサポート体制が自分にフィットしているかの観点からリスクが高いと感じます。

他に21就活生から評判のいい就活サービスとして、下記があげられます。

それぞれの詳細はこちらを参考にしてみてください。

サービスを比較したい方はこちらのランキングも参考にしてみてください。

【2021卒最新版】おすすめ就活サービス4選

それでは、あなたの就職活動の成功を願っています。

関連記事

【2020年最新】21卒向けオススメの就活エージェント&サイト19選

コロナショックで就活どうなる?プロのエージェントに聞いてみた

【リアライブ就活エージェントの評判】早期イベント開催回数No.1ってホント?口コ...

【ジェイック新卒カレッジ】評判や口コミについてのまとめ 飛び込み営業させられるっ...

【最終面接合格のサイン?】最終面接で意思確認されたら回答すべき7のこと

【いい就職ドットコムの評判】新卒・既卒・第二新卒それぞれに合った求人を紹介してく...