【女性の転職】わずか8.6%!年収500万円の壁を乗り越える方法

みなさんは女性で「年収500万円」と聞くと、どう思いますか?

多い?少ない?

これは年代によっても意見は変わってくるかと思いますが、2017年に国税庁が調査した民間給与実態統計調査によると、年収500万円以上の女性はわずか8.6%という結果が出ています。

これだけを見るとすごく難しそうと思うかもしれませんが、2015年の調査で年収500万円以上の女性は4%台でしたので、確実に増えてきているのです。

収入が増えて生活の水準が上がったり、将来の安心感が増したりするとうれしいですよね。

そこで今回は、年収500万円の壁を乗り越えて、やりがいをもって仕事を続けるための方法を徹底解説いたします!

1. 【気になる!】年代別 働く女性の平均年収

仕事をしていると、特に気になるのが年収(給与)のこと。

自分の年収はほかの人と比べてどうなのか、気になるけどなかなか周りの人には聞きづらいことですよね。

仕事を選ぶうえで重視することでも、仕事に対する不満でも常に上位にあがるこの年収について、まずは年代別の平均をみてみましょう。

■年代・年齢別で見る、2017年の平均年収は?(転職サイトDODA調査より)
20代 … 全体 346万円(男性 365万円、女性319万円
30代 … 全体 455万円(男性 487万円、女性386万円
40代 … 全体 541万円(男性 587万円、女性423万円
50代 … 全体 661万円(男性 707万円、女性445万円

このように、男性平均では30代で年収500万円に近づくのに対し、女性は50代でも年収500万円には50万円以上も届かないのです。

また、ここで注目したいのが、20代では男女の差が46万円だったのに対し、50代では男女の差が262万円まで差がひらいてしまうことです。

この差は、結婚や出産を機に短時間勤務や非正規雇用、退職など働き方を変える人が多いことにあります。

しかし、年収500万円を実現するために結婚や出産を諦めては、思い通りの人生を歩むことはできませんよね。

もちろん、これはあくまで平均ですので、年収500万円以上を稼ぎながら仕事も家庭も両立させている人はいますので、どんな働き方をすれば実現できるのか、いろいろなデータを見てみましょう。

2. 女性の年収500万円超えの職種は13項目もある!

学歴、雇用形態、勤務地など、スタートの条件が同じとき、年収はどこで差がつくと思いますか?

資格の有無、個人の資質など、いくつか思い浮かぶかと思います。

しかし、ないことばかりに目がいって選択肢を自分で狭める必要はありません。

社会人になってから得られる資格、技術、新たに気づいた自分の得意分野など、強みは増やすことができるのです。

転職サイトのdodaで紹介されている「153職種別 女性の平均年収ランキング」によると、平均年収500万円以上の職種はなんと13項目もあるのです。

そのうち上位10項目を紹介しますので、まずは自分の今の経験やスキルから、挑戦できそうな分野がないか探してみましょう!

■女性の平均年収ランキング2017(転職サイトdoda調査より)
1位 金融系専門職 投資銀行業務 … 672万円
2位 金融系専門職 運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト) … 600万円
3位 専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人) 戦略・経営コンサルタント … 588万円
4位 営業系 営業ーCRO/SMO/CSO … 579万円
5位 専門職(コンサルティングファーム・監査法人) 会計専門職・会計士 … 571万円
6位 技術系(IT/通信) プロジェクトマネジャー … 562万円
7位 企画/管理系 知的財産/特許 … 538万円
8位 営業系 営業ー医薬品メーカー … 530万円
〃   企画/管理系 法務 … 530万円
10位 技術系(IT/通信) ITコンサルタント … 517万円

上位3位までは、男性も女性も同じランキングですが、4位の「営業系 営業ーCRO/SMO/CSO」は、実は男性では11位。

このCRO/SMO/CSOとは、いずれも医薬品の開発やマーケティングに携わる業種となります。

このように業種別でみると、女性が働きやすい環境が見えてきたり、成果次第で収入アップが見込める分野が見えてくるのではないでしょうか。

3. 【これが大事!】年収500万円を実現する女性の特徴は3つ

実際に女性で年収500万円を実現している人には、どんな特徴があるのでしょうか?

仕事をするうえで必要な能力と、多くの方の体験談から、高収入でキャリアを築き上げる女性の人物像が見えてきました。

3-1. 変化に対応する「柔軟性」

会社内でも社会でも、常に自分を取り巻く環境は変化し続けています。

そんなとき、一つのやり方に捉われていたり、必要のないことにこだわっていると取り残されてしまいます。

ビジネスで求められるのは、変化に臨機応変に対応でき、頭を柔らかくして考える柔軟性です。

どんな人でもミスをすることはありますが、仕事ができる人ほどスムーズに対応していますよね。

急なトラブルにも上手に対応し、気持ちを切り替えることが働くうえで非常に大切です。
そして女性の場合は、ライフステージの変化が大きいので特に求められる能力のひとつです。

3-2. 周りの状況を把握する「情報収集力・情報処理能力」

年収アップへの近道は、自分の仕事で成果を上げることです。

しかし、働き方改革が推進されている今、残業をしてでも成果を上げるというのは、逆に効率が悪いとマイナス評価を受けることも少なくはありません。

生産性を高めるためには、情報収集とその処理能力が高いのです。

時間がかかる人の多くは、一人でどうにかしようとして結局解決できないという場合が多いのですが、生産性の高い働き方をしている人は、上司や同僚など、身近な人を巻き込んでより解決への最短ルートを模索できるのです。

3-3. 信頼を得る「コミュニケーション」

仕事をするうえで絶対に欠かせないのが他者とのコミュニケーションです。

ある程度権限を与えられ、一人で仕事をこなしているから上司や同僚には頼らないという人でも、お客様、関係会社と、必ず相手がいるのです。

いくら作業が速くても、関わる人からの信頼なしには仕事は成り立ちませんし、新しい仕事に出会う機会も生まれません。

コミュニケーションで大切なのは、相手の気持ちに寄り添って「聴く」ことと、意図が的確に伝わるように「話す」ことです。

この両方が成り立たないと、ちょっとした認識の違いからすれ違ってトラブルを招いてしまいますので、必ず押さえておきたいポイントです。

4. 年収500万円の生活レベルを大公開!

夢の年収500万円。これは手取りで考えると、ボーナスなしの場合で月収33.3万円、ボーナス2ヶ月分が年1回で28.6万円にあたります(所得税・住民税を引くと80%程度となります)。

一般的に家賃は年収の25%未満が適切といわれていますので、月々10万円ほどの計算になります。

これは1人の場合ですので、旦那さんも年収500万円であれば月々20万円とかなり余裕がある生活ができます。

現在年収500万円未満の方が、生活水準を変えずに生活した場合、差額を丸々貯金することだって可能なのです!

5. まとめ

はじめから希望の仕事について、年収にも満足できるという人はそんなに多くはありません。

コツコツと経験を積みながら、自分の将来のビジョンを明確にし、得意・不得意を知ることで新しい道に進むという選択肢が生まれます。

現状の年収に満足していない人は、今自分に何ができるのか、何が不足しているのかをじっくり考えてみることで、今後の進むべき道が見えてきますよ!

天職侍では、ほかにも参考となる記事を多数紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性におすすめ転職エージェントランキング!口コミ・評判の良い5社をプロが厳選