【Re就活の評判】ニートでも利用できる?エージェントとは違う?退会は簡単?など疑問にお答えします

Re就活』という転職サイトをご存知ですか?

おそらくテレビCMも流れているので、知っている人は多いのはないでしょうか?

CMで流れている分、余計にRe就活って何?と気になっている人は多いかもしれません。

そこで、今回は話題のRe就活について

  • どのようなサービスなの?
  • 利用している人からの評判は?
  • 退会は簡単にできるの?

などなど、疑問にお答えしたいと思います。

【2020年4月:既卒・第二新卒 就活動向】

『就活ストップもWEBを活用して効率よく進めよう』

コロナショックで面接が続々と中止する中、注目されているのが企業に会わずに就活を進めることができるWEB就活です。

WEB就活とは、電話やインターネット上のオンラインで企業人事にあったりや説明会に参加できるもののことです。

下記のサービスに一度、就活相談や面接練習の相談をしてみましょう。

  • マイナビジョブ20’s』|20代専門!親身に相談に乗ってくれるエージェント
  • 就職shop』|大手リクルートが運営する業界最大級の求人数と実績
  • ハタラクティブ』|既卒・フリーターなど未経験からの正社員就職に強い

エージェントを活用して就職・転職活動をライバルよりも有利に進め、内定を勝ち取りましょう。

1. Re就活とはどのようなサービス?

Re就活』とは株式会社学情が運営している20代専門の転職サイトです。

転職エージェントと混同してしまう人も少なくない為、転職サイトと転職エージェントの違いを簡単に説明します。

転職サイト

別名求人サイトとも呼ばれ、Web上で自身の経歴を入力した上で、掲載してある求人を検索・応募・面接日程の調整など企業のやりとりを自分で行います。

就職・転職活動に慣れている人、自分のペースで進めたい人、誰の力もアドバイスも借りず自分一人で進めていきたい人に向いています。

類似のサービスでは、『リクナビNEXT、『マイナビ転職』、『エン転職』などがあります。

転職エージェント

その名の通り、エージェントという転職のプロが企業と求職者の間に入って面接の調整や入社条件の交渉などをしてくれます。

キャリアカウンセリングと言って、転職相談に乗ってくれたり、自分に合った求人を紹介してくれます。また、経歴書の作成や日程の調整など本来自分が企業と直接やらなければいけないことを代わりにしてくれます。

転職活動が初めての人や忙しい人、転職のプロのサポートを受けたい人などに向いています。

類似のサービスでは、『リクルートエージェント』、『マイナビエージェント』、『エンエージェント』などがあります。

20代専門の転職エージェントはいくつかありますが、20代専門の転職サイトではRe就活が抜群の知名度を誇ります。

では、Re就活の内容を紹介する前に運営会社の株式会社学情についてご紹介します。

1-2. 運営会社の情報

会社名株式会社学情
所在地東京本社(東京都中央区)、大阪本社(大阪市北区)
設立昭和52年11月7日
株式上場東京証券取引所市場第1部
従業員数300名

学情といえば、当方が就活をしていた2008年当時「学情ナビ」という就活サイトを運営していました。(現在では、朝日学情ナビとなっています)

主に新卒や第二新卒など20代の就職・転職支援に強みを持っています。

東証一部上場もしており、人材サービス企業では、中堅どころのポジションに属している会社です。

しかし、業界のパイオニアであるリクルートや追随するパーソルキャリア、マイナビ、パソナなどと比べると遅れをとっている感は否めません。

1-3. Re就活の特徴

国内では唯一の20代専門の転職サイトとして、既卒や第二新卒の方向けの求人を掲載しています。

様々なレコメンド機能があり、20代の若手人材を求める優良企業とのマッチングを促進してくれます。

1-3-1. 検索機能が多様

今ドキの20代のニーズをうまく捉えたサイトの作りになっており、一般的な勤務地や業種・職種検索だけでなく、完全週休2日制の会社、転勤なしの会社、土日面接OKの会社などユニークな検索機能もあります。

1-3-2. 求人は全て未経験者歓迎

求人数は累計で7,000社以上あるのですが、全て未経験でも応募可能というのは驚きです。

Re就活』の公式サイト

https://re-katsu.jp/career

2. Re就活の評判や口コミ

実際に『Re就活』を利用したことがある人や社員、関係者の声を集めてみました。

Re就活を利用するかどうかの判断材料にしてもらえればと思います。

2-1. Re就活の公式サイトに掲載されている利用者の口コミ

キャリアチェンジを希望していましたが、他の転職サイトだと「即戦力でない」ため選考に進めず。Re就活はキャリアチェンジ歓迎の求人だけなので安心して応募できました。 24歳男性

求人情報に「選考のポイント」が書かれており、面接対策に活用しました。未経験職種に転職して最初は不安でしたが、前職の経験が活かせる場面はいっぱいあります。さらにスキルアップしたいですね。 23歳女性

Web履歴書を登録しておくと、企業からスカウトが届くのが嬉しい。
前職をすぐ辞めてしまった自分を採用したいと思ってくれる企業があることに、自信が湧きました! 25歳男性

公式サイトに掲載されている口コミからは、未経験歓迎の求人が豊富、求人情報も豊富、スカウト機能があることが嬉しいなどの声がありました。

2-2. Yahoo!知恵袋の口コミ

【質問内容】
Re就活というサイトについてですが、私は大学を卒業してもうすぐ2年が経つフリーターです。エンジニアという仕事に興味がありますが、パソコンは文字入力しかできませんし、大学生の時は就活よりも卒業論文の方に力入れ過ぎて全然就活をしていませんでした。実際、Re就活というサイトはどうなのでしようか?こんな私でも大丈夫でしょうか?

Re就活20代であれば、正社員経験のない既卒の方も対象としています。

未経験からでもエンジニアになれる求人も増えていますので、登録して募集している求人をチェックしてみましょう!

2-3. 2chからの口コミ

Re就活とか特定派遣だらけやんけ

re就活の求人デスクワークが主で休日も多くて未経験okの会社やたらあるけどこれほんとなの?露骨すぎて逆に怖い

Re就活に掲載されている求人についての意見です。IT業界や製造業などの特定労働派遣などもあるようです。

口コミの信憑性はともかく、条件が良すぎる会社は逆に不信感を募らせてしまうようです。

2-4. Twitterからの口コミ

『Re就活』は都心部の求人には強みを持っているようです。

現職中の方のようです。『Re就活』のような転職サイトはスキマ時間に有効活用できそうです。

『Re就活』ではイベントも実施しています。

希望に沿うような求人がなかったのでしょうか。合う合わないは人によるので、まずは利用してみることをオススメします。

3. Re就活の求人内容

Re就活』は累計で7,000社以上の企業を掲載しています。

公式サイトでも掲載されている通り、掲載企業の一例を見ると名だたる企業や法人が掲載されています。

KADOKAWA、三井住友銀行、avex、HIS、東京都、アマゾンジャパン、京都大学、KOSE、雪印メグミルク、伊勢丹、日本郵便、ソフトバンク、日本生命等

全ての求人を見ることは出来なのでなんとも言えませんが、一般公開されている求人だけ見ていると大手企業や有名企業が多い印象を受けました。

しかし、口コミを見てわかる通り、掲載されている会社や実際入社した会社がブラック企業だったというコメントがあります。

求人を見ていくと、大手企業や有名企業も掲載されていますが、社名を聞いてもピンとこない中小零細企業も多く含まれています。

ブラック企業の定義は曖昧ですが、離職率が決して低いとは言い難いような会社や評判が良くない求人が皆無とは言い切れません。

求人情報は随時更新されていきますので、気になる求人があるかも含めて、定期的にチェックしていくことをオススメします。

Re就活』の公式サイト

https://re-katsu.jp/career

4. Re就活の退会方法

転職サイトでは、利用するにあたり多くの個人情報を登録する必要があります。

外部に漏れるとは考えづらいですが、転職活動自体を辞めてしまった、他で内定が出た、メールが多くて煩わしい、サービスが使いづらいなど様々な理由で利用しなくなる時がくると思います。

そのような時は、そのままにしておくのではなく、退会手続きをとることも選択肢の一つです。

念のため、Re就活の退会方法をお伝えします。

  1. Re就活のログイン画面よりログインして管理画面に入る
  2. 右上に「設定変更」リンクをクリックする
  3. 一番下にある、「退会の手続き」から「退会する」をクリックする。
  4. 最終確認の画面に進むので、「退会手続きに進む」をクリックする。※メールや配送物が煩わしいだけなら「設定変更」で「停止中」に変えることで解決します。
  5. 最後に退会理由を選択して「退会」をクリックして完了です。

5. 転職サイトは転職エージェントとの併用がオススメ

Re就活』は20代の既卒や第二新卒の方であれば、転職活動を行う際に活用すべき転職サイトです。

しかし、転職サイトだけの利用は、初めて転職活動を行う方や多忙な人などには不十分とも言えます。

その理由は、転職サイトはエージェントが介在せず、自分一人で転職活動を全て行わなければ行けないからです。

例えば、

  • 応募企業の選定・応募
  • 応募書類の作成
  • 面接日程の調整や企業とのやりとり
  • 面接準備
  • 入社前条件交渉
  • 入社日の調整 

特にはじめて転職活動を行う人にとっては右も左もわからず、精神的肉体的ストレスが並大抵ではありません。

そのため、転職のプロであるエージェントも併用した方が得策です。

それぞれを比較すると下記のようになります。

転職サイト比較対象転職エージェント
はじめやすさ・手軽さ
情報収集
求人数
求人の質
内定獲得率

転職サイト・転職エージェントそれぞれ強みがありますので、併用して就職・転職活動を進めましょう。

6. まとめ

Re就活』を利用している人もこれから利用を検討している人も少しでも参考になったなら幸いです。

『Re就活』は20代の人にはオススメできる転職サイトですが、転職サイトだけでなく転職エージェントも活用して転職活動を進めて行きましょう。

オススメの転職エージェントはこちらのページでご紹介しています。

それでは、あなたにとって納得のいく就職・転職が実現できるよう応援しております。

関連記事

就職・転職活動をするあなたに見てもらいたい映画・ドラマ24選

ウズキャリ(UZUZ)の評判|ITばかり紹介される?特徴について紹介!

【DYM就職の評判・口コミ】電話こないって本当?利用者31人にアンケートしてみた...

【ハタラクティブの評判】怪しいというのは嘘?アドバイザーの対応がよくないって本当...

【JAIC(ジェイック)女子カレッジの評判】街頭調査をするって本当?利用した人の...

ハタラクティブの求人の質は良い?悪い?口コミを元にプロが解説します