【40代女性必見】転職エージェント4選|まだ間に合う!失敗しない転職のポイント

40代の女性は、20代や30代の頃に比べると人生に余裕が出てきた人も多いのではないでしょうか。

育児・子育てがある程度落ち着いたとしても、仕事と介護の両立など、新たなライフイベントも考えていかなければならないのが40代の特徴です。

順調にキャリアを積んでいる方であれば、マネジメントやエキスパートの道など責任と裁量のある仕事で年収やポジションを伸ばす機会もありますが、育児や介護などの事情でキャリアにブランクがある方もいると思います。

そのため40代女性の転職となると、正社員での求人は20代や30代と比べて大幅に減少してしまうのが現実です。

マネジメントの経験や実績を残してきた人であればポジションは少なくありませんが、そうでない場合は紹介する求人はないと断られたなんて話も聞きます。

転職のプロであるエージェントを頼っても、面談自体を断られたり、年齢で判断して連絡してこないなんてこともあります。

貴重な時間を無駄にしないためにも、今回は40代女性でも利用できる厳選した転職エージェントをご紹介します。

40代女性の転職エージェントの選び方

あまり大体的に公表はされませんが、転職エージェントも求職者の年齢に制限を設けている場合も多いです

大半は20代30代を対象に求職者を募集していますし、未経験者の上限は35歳に設定してあるところが大半なのです。

そこで、40代女性でも利用可能な転職エージェントを選ぶポイントを3つお伝えしたいと思います。

40代の女性でも働ける求人があること

「性別年齢不問」と書かれた求人でも、蓋を開ければ特定の性別や年齢の人しか採用されていなかったというのはよくある話です。

40代女性に限定した求人は少ないかも知れませんが、40代の女性でも応募ができる求人を取り扱う転職エージェントに登録しないと、転職活動に費やした時間や労力が無駄になってしまいます。

40代女性の転職サポート実績があること

転職エージェントごとに、得意分野、不得意分野というものが必ず存在します。

「特化型」と呼ばれる転職エージェントであれば、IT業界や医療業界などの業界や、新卒、第二新卒専門など年齢に特化しています。

一方で、「総合型」と呼ばれる年代や業界を網羅する転職エージェントでも不得意な分野は存在します。

女性への転職サポート実績、特に40代以上のミドルシニア層の転職サポートも豊富な転職エージェントを選びましょう。

40代以上のキャリアコンサルタントで構成されている

40代からの転職は、若い頃と比べると置かれている立場や境遇も違いますし、人生経験も違います。

転職エージェントの中には、20代の若いキャリアコンサルタントが中心の転職エージェントも存在します。

中には若くても礼節がしっかりしている落ち着いたキャリアコンサルタントも存在しますが、人生経験が浅いゆえに、ノリと勢いに任せるタイプのキャリアコンサルタントもします。

40代の転職相談は40代以上のキャリアコンサルタントでないと、こちらの気持ちを理解してもらえませんし、良い提案をしてくれることは難しいでしょう。

40代の女性が選ぶ転職エージェント3選

実績が豊富なキャリア女性は別として、「フルタイムでの勤務が難しい」「正社員としてのブランク期間が長い」「未経験の職種にチャレンジしたい」など、40代の女性それぞれの要望に沿うのはかなり難しいと言えます。

しかし、40代の女性でも利用可能な転職エージェントは存在します。

ここで紹介する4社は女性に寄り添い、幅広い年代や性別、経歴の人の転職支援を行なっていることでも有名な会社です。

パソナキャリア

株式会社パソナが運営する転職エージェントサービス「パソナキャリア」

創業より40年間一貫して「女性のキャリア支援」「主婦の再就職支援」を掲げており、女性から最も評価されている転職エージェントです。

主婦や働く女性の強い味方であることはもちろん、49歳までであれば、利用できるようになっています。

オススメのポイント

・業界でも求職者に寄り添ったサポートをしてくれることで有名

・女性管理職以外にも、専門スキルを伸ばしたい人向けの非マネジメント職の求人もある

・女性のキャリアコンサルタントが全体の7割を超える(働くママさんも多数在籍)

・女性の転職支援実績が豊富

パソナキャリアへの相談はコチラ

女性しごと応援テラス・東京しごとセンター

東京都が株式会社パソナに運営を委託している事業「女性しごと応援テラス」

結婚・出産・育児・介護などの理由で離職し、再就職を希望する54歳以下の女性を対象とした就職活動のサポートを行っています。

子育中の方はもちろん、職歴ブランクが20年以上の方も再就職を実現しています。

オススメのポイント

・小さなお子さんがいるママさんも安心、無料の託児スペース完備

・ブランクが長い方に対しても充実したサポート

・未経験の職種にもチャレンジできるよう教育制度あり

・事務職のスキルを伸ばすためのプログラムが豊富

女性しごと応援テラスへの相談はコチラ

dodaエージェントサービス

株式会社パーソルキャリアが運営する「dodaエージェントサービス」

年齢や性別についての情報は定かではありませんが、「顧客思考」を貫いている転職エージェントになりますので、40代の女性もサポートしてくれる可能性があります。

登録時に見合う求人があるか、スキルとして何が強みかによって紹介できる求人の有無は変わってきます。

キャリアコンサルタントからの転職アドバイスだけでも価値がありますので、例え希望に沿う求人がなくても利用してみるのもアリだと思います。

オススメのポイント

・キャリアコンサルタントは女性が多い

・キャリアコンサルタントの質が高い

・転職サポートが充実している

dodaへの相談はコチラ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェントサービス「ワークポート」

元々は、IT業界専門の転職エージェントでしたが、2014年より総合型の転職エージェントとなり、今では幅広い年齢、業種の転職サポートをしています。

メインの利用者年齢は40代前半までとなっていますが、40代後半でも希望に沿う求人に出会える可能性がありますので、ぜひ一度相談してみましょう。

オススメのポイント

・転職決定人数1位の実績がある

「※1」『DODA Valuable Award 2017』(2016年12月1日~2017年10月31日)にて、『転職決定人数部門 第1位』を受賞。リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING~2018年度上半期~』(2018年4月1日~2018年9月30日)にて、『転職決定人数部門 第1位』を受賞(6回連続)。 ワークポート公式サイトより

・対応が早いので転職を急いでいるときに向いている

・登録時の手間がほとんどかからない

年収600万以上のハイキャリア女性にオススメのエージェント

次に紹介するのは、年収600万円以上のハイキャリア女性向けの転職エージェントです。

マネジメント職はもちろん、専門性を伸ばすことも可能なエキスパート職まで、年収・ポジションともに魅力的な求人が多く存在します。

JACリクルートメント

株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する転職エージェントサービス「JACリクルートメント」

利用者の7割が35歳以上で、キャリアコンサルタントの年齢層も高めですので、頼りにできる信頼できるパートナーといった印象です。

総合型転職エージェントで、リクルートエージェント 、dodaに次ぐ業界3位の会社で、海外求人、外資求人、管理系求人、それぞれでトップクラスのサポート実績を誇っています。

オススメのポイント

・高年収や高ポジションの求人が圧倒的に多い

・各業界に精通したキャリアコンサルタントがいて、業界の知識や人脈まで熟知している

・24時間以内の対応を約束しているので、電話やメールの返事が早い

・会長が女性、男女比率も半々、転職経験者が多い

JAC Recruitmentへの相談はコチラ

ビズリーチ

株式会社ビズリーチが運営する会員制転職サイト「ビズリーチ」

登録すると待っているだけで、ハイキャリアの求人企業や敏腕なヘッドハンターからスカウトがくるサービスです。

管理職だけでなく、専門職での求人も豊富です。

オススメのポイント

・待っているだけで好条件のスカウトが来る

・外資系や海外求人も豊富

・スカウトを受け取ることで自分の市場価値を知ることができる

ビズリーチへの登録はコチラ

エージェントを上手に活用して転職を成功させるポイント

最後に、転職エージェントを上手に活用するためのポイントをお伝えします。

転職活動に失敗しないためにも、大切なポイントはしっかり押さえておきましょう。

転職エージェントは1社に限定しない

転職エージェントは今や無数に存在します。

初めて利用する場合は特に、どのエージェントを活用するべきか悩んでしまうと思いますが、評判が良いからといって自分に合うとは限りません。

それぞれ得意分野、不得意分野がありますので、大手エージェント1社を含む最低2〜3社は利用してみることをオススメします。

条件や制度などはキャリアアドバイザーに聞いてみる

40代の転職は、新たな挑戦に向けた一大決心。

難しいと言われる年代の転職を成功させても、入社した会社が希望に合わなかったり、ブラック企業で続けられないとなっては、また転職活動の繰り返し……。

そんな自体を避けるためにも、事前に条件や制度を確認しておきたいですが、面接の場でそういったことばかり聞いていては、「やる気がない」「続かなそう」という印象を与えてしまいそうですよね。

自分では聞きづらい質問は、キャリアアドバイザーに聞いてみましょう。

その企業に精通しているキャリアアドバイザーであれば、快く答えてくれますし、その場で回答が得られなくても、後日調べて教えてくれますよ。

キャリアアドバイザーとの信頼関係を築く

40代の転職は難しいからこそ、良い求人情報はいち早く知らせてもらいたいですし、あなたの魅力を積極的に企業に伝えてもらいたいですよね。

しかし、キャリアアドバイザーは会社規模によっても異なりますが、常時数百人の相手をしなければならないので、必然的に優先順位がついてしまいます。

そんなとき、やはりキャリアアドバイザーも人ですので、嫌いな人よりも好きな人をサポートしたくなるものですので、良い関係を築けるよう丁寧な対応を心がけましょう。

希望に沿わない提案や相性が悪いときはハッキリ伝える

40代女性向けの求人数自体が少ないとはいえ、希望に沿わない提案ばかりだと不満が出てしまいますよね。

それにキャリアアドバイザーが高圧的な態度で接してくるので、相談しづらいなんてこともよくある話です。

しかし、貴重な時間と労力を無駄にしないためにも、不満や要望はハッキリと伝えるようにしましょう。

・どのような求人を紹介してほしいか明確に伝える

・キャリアアドバイザーに不満があれば、変更してもらうよう、エージェントの窓口か事業部の責任者宛に電話かメールする

それでも改善されないようであれば、別の転職エージェントを利用するのも考えた方がいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、【40代女性必見】転職エージェント4社と、ハイキャリア転職エージェント2社を紹介しました。

そのときの状況によりサポート体制や求人内容は変化していきますので、まずはサービスが利用可能か問い合わせてみることをオススメします。

サービスは無料で利用できるものばかりですので、今すぐ転職を考えていなくても一度相談してみましょう。

転職活動が成功することを、心よりお祈りしております。

関連記事

【転職最後のチャンス?】34歳女性が転職活動を成功させるには?知っておくべきこと...

【女性の職場の人間関係】コツとストレスとの付き合い方!

【これって私だけ?】働く女子の「お悩みあるある」解決に導くためのヒント6選

出産・育休からスムーズに職場復帰するには?事前の準備のポイントを解説!

【WomanWIll(ウーマンウィル)の評判】マイナビエージェントが運営する女性...

【パスキャリ(PASSEND・パッセンド)の評判】美容業界へ転職するなら利用すべ...