【20代の転職相談所の評判】はじめて転職する人におすすめな3つの理由とは?

20代の転職相談所』という転職支援サービスをご存知でしょうか?

文字通り、20代の人が転職を相談する所になります笑

そのままでわかりやすいですね。

その名の通り過ぎて、何だか知らなくても知ってるような気になってしまうサービス名ですが、サービスの開始時期は割と最近になってからです。

そこで今回は、『20代の転職相談所』とは何するところ?評判はどうなの?

ということを解説していきたいと思います。

【2020年11月:既卒・第二新卒 就活動向】

「11月は欠員補充などの理由で内定のチャンス」

毎年10月は多くの企業で下半期のスタートを迎えます。同時に退職が多い時期にもなり、企業も急遽欠員を補充するため、就活には絶好の機会とも言えます。

しかし、欠員はすぐに埋まりやすいため、早めの動き出しが肝心です。

特にこれからご紹介する就活エージェントを活用すれば、早期に内定を獲得できること間違いなしです。

無料で就活のプロにアドバイスをもらい、早期に内定を獲得しましょう。

  • マイナビジョブ20’s』|20代専門!親身に相談に乗ってくれるエージェント
  • 就職shop』|大手リクルートが運営する業界最大級の求人数と実績
  • ハタラクティブ』|既卒・フリーターなど未経験からの正社員就職に強い

1. 20代の転職相談所とは?

20代の転職相談所』とは、ブラッシュアップ・ジャパン株式会社が運営する転職支援サービス、別名転職エージェントサービスのことです。

代表者は代表取締役社長の秋庭洋氏という方で、リクルート・人事コンサル企業の役員を経てブラッシュアップ・ジャパンを創業しています。

以下、会社の概要です。

1-1. 会社の概要

会社名ブラッシュアップ・ジャパン株式会社
事業所東京都新宿区、大阪市北区、名古屋市中区、横浜市西区
設立2001年9月
資本金1250万円
取引先数5000社

同社は、以前より同じく20代が利用できる就職サイト『いい就職ドットコム』を運営しています。

『いい就職ドットコム』は登録者20万人にも登る、国内最大級の既卒・第二新卒就職支援サイトをして有名です。

いい就職ドットコムに関しての詳しい記事は、こちらを参考にしてもらえればと思います。

一見、20代の就職・転職支援といった似たサービスを展開していますが、何が違うのでしょうか?

簡単に2つの違いを説明します。

1-2. いい就職ドットコムと20代の転職相談所の違い

いい就職ドットコム

  • 20代に限定
  • その中でも、就職した経験がない人に向いている(既卒・フリーターなど)

20代の転職相談所

  • 20代に限定
  • 就業経験がある第二新卒者向け
  • ただし、24歳、25歳の人向けの求人が大半
  • その為、20代後半の人は、紹介される求人が少ない

就業経験がない人は、『いい就職ドットコム

就業経験がある人は、『20代の転職相談所

を利用するのが良いと思います。

1-3. どんな人が相談に乗ってくれるの?

転職サービスを利用するにあたって、重要なことがあります。

それは、どんな人に相談に乗ってもらうか?ということです。

転職相談の際に相談に乗ってもらう人は、通称、転職アドバイザーと呼ばれています。

別名、キャリアカウンセラーやキャリアアドバイザー、キャリアコンサルタントなどとも呼ばれますが、違いはさほどありません。

実は、転職エージェント毎に転職アドバイザーのカラーが違います。

タイプ別に分類すると、

【年齢層】 若いor高い

【対応】 ドライorウェット

【言葉遣い】 フランクor丁寧

【性格】 論理的or感情的

【どっちより?】 企業or求職者

などの違いがあります。

私見ですが、大手エージェントのR社は若くてドライで丁寧で論理的で企業よりのアドバイザーが多い印象を受けます。

一方、大手エージェントでもP社は、若くてウェットで丁寧で論理的で求職者よりの印象を受けます。

ウズキャリを運営している、ベンチャー企業のUZUZは、若くてウェットでフランクで感情的で求職者よりと評判です。

一概にどれが良いということではなく、好みによると思います。

前置きが長くなりましたが、「20代の転職相談所」はどうなのでしょうか?

アドバイザーにもよるでしょうが、年齢層は高くて、ウェットで丁寧で論理的で求職者よりの印象を受けます。

そのため、『社会経験が豊富で、面倒見が良く、アドバイスが的確で寄り添ったカウンセリングを受けたい人』に向いています。

『20代の転職相談所』公式サイト

https://20tensyoku.jp/

1-4. どんな求人を紹介してくれるの?

正直気になったので、直接問い合わせてみました。

すると求人は、「営業職やITエンジニア職が多い」との回答でした。

そして、一番多い求人は、24歳・25歳の20代中盤、社会人2〜3年目の第二新卒(転職経験なし)とのことでした。

これらから推察するに、企業規模で言えば、中小やベンチャーもありますが、大手企業の求人もあると思います。

その理由は、この頃、大手企業は積極的に第二新卒者を採用しています。ちょうど、20代中盤の社員がどの会社も不足しているのです。

それは、新卒採用で入社した人材が辞めてしまったり、募集人数まで採用できなかったという背景があります。

その為、20代、特に20代中盤は今、転職するには超売り手市場となっているのです。

実際に、20代の転職相談所でも、5,000件以上の求人が存在します。

取引企業の一例です。

アップル、日本郵便、住友不動産、キッコーマン、キーエンス、NTTデータ、ワークスアプリケーションズ、カゴメ、西友、GMOグループ、フジタ、KDDI、DHC、ダスキン、北九州市、アデカ、中央経済社、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(TSUTAYA)、紀文

一度は聞いたことある企業が多いのではないでしょうか。

大企業に転職したい人は特におすすめです。

2. 20代の転職相談所の強み

ここでは、他の転職エージェントにはない、20代転職相談所の強みをご紹介します。

2-1. メールや電話のみでも対応可能(相談所に必ずしも行かなくて良い)

転職エージェントに登録すると多いのが、一度エージェントのオフィス(相談所)に来て欲しいというものです。

カウンセリングや面談をするからという理由ですが、その他にも、本人確認の意味などとにかく会いたがる転職エージェントが多いです。

時間があれば、会いに行った方が、もちろん良いと思います。

ただ、現職中であれば、平日は仕事の終わりが遅く、土日も休日出勤やプラベートの予定で忙しい方もおおいのではないでしょうか。

そうなると、相談所に行く時間がとれませんよね。

そこで、20代の転職相談所では、メールや電話のみでの面談や企業紹介を実施しています。

その為、時間が取れない人はもちろん、地方に在住でも利用できるサービスになっています。

なお、相談所は、東京・横浜・大阪・名古屋にありますので、時間に余裕があり、近くに住んでいる人は相談所に行ってみても良いかもしれません。

各相談所の所在地詳細は、公式サイトで確認してみてください。

『20代の転職相談所』公式サイト

https://20tensyoku.jp/

2-2. 「無料適職診断」

「自分は今の仕事に向いてないんじゃないかな?」

そう思ったことはありませんか?

当方は、営業の仕事を10年続けていましたが、結局向いてなかったと判断しました笑

10年向いてない仕事を続けるより、できれば自分に向いている仕事で長くキャリアを積みたいですよね?

そんな時自分に向いている仕事を教えてくれるものがあればいいなと思っているあなたにおすすめなものがあります。

それが、20代の転職相談所が実施する、適性・適職検査システム「JobFit-20’s」と呼ばれるものです。

パソコンやスマホなどを使って、WEB上で受験できるようになっており、設問に対してYES/NOに答えるだけ。完了すれば、検査の結果はメールで送られて来ます。

検査時間は7分と簡単に終わるものなので、興味があればこちらから試してみてください。

「20代の転職相談所」適職診断「JobFit20’s」

2-3. ユニークなセミナーやイベントを開催している

面談や企業の紹介以外にも、様々なイベントを開催していることも特徴です。

ワークショップ

20代の転職相談所著「20代の転職成功者は何から始めたのか?」(クロスメディア出版)という、本を出版してるのですが、本の内容を元に、90分かけて転職の悩みをアドバイザーが解消してくれるものです。

合同会社説明会

東京と横浜で開催されています。複数の会社が同時に集まるので、効率重視の方には向いているイベントだと思います。「人が多いのはちょっと」という人は、WEBで気になる企業を申し込むか、個別紹介にしましょう。

会社研究セミナー

1社単独の選考会のようなものです。企業名は伏せていますが、事前にどのような事業内容の会社がくるかは告知がありますので、チェックして気になるところがあれば、参加してみましょう。

3. 20代の転職相談所の評判・口コミ

ここでは、評判や口コミを紹介するのですが、まだサービスが始まってから日が浅いからか、口コミが集まりませんでした。

1件ご紹介させていただきます。

3-1. Twitterからの口コミ

社会人3年目第二新卒の方からの口コミです。某エージェントでは、ブラック企業をよく紹介されると聞きますが、徹底して排除しているのですね。優良企業を受けたい方はおすすめです。

4. こんな人におすすめ

以上、口コミも参考にして、まとめると20代の転職相談所は、こんな人におすすめです。

新卒入社した会社で2〜3年目(20代中盤)で転職経験がない方

おすすめの理由は3つです。

  1. 24歳25歳の求人が多い(中小・ベンチャー企業だけでなく、大手企業も充実!)
  2. 経験豊富なアドバイザーが多いので、初めてでも安心
  3. 電話やメールのみのサポートも受けれるので、地方在住や現職中で時間が取れない場合に最適

上記に該当する方は、積極的に活用してみてください。

もちろん、20代であれば、利用可能なので、気になれば相談してみてください。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

20代の転職相談所は、

  • 第二新卒に特化
  • 電話やメールのみの対応OK
  • ベテランアドバイザーが多数在籍
  • 優良求人(大企業も)

というところが特徴の転職エージェントです。

該当する方はもちろん、20代で就業経験がある方も一度相談してみてください。

『20代の転職相談所』公式サイト

https://20tensyoku.jp/

関連記事

就職・転職活動をするあなたに見てもらいたい映画・ドラマ24選

【ハタラクティブの退会方法】登録解除をする前に確認すべき3つのこと

その求人本当に大丈夫?「30代で未経験歓迎」求人の見極め方教えます。

「フリーターは就職できない?」既卒者が不利な理由と対策教えます。

【ネットビジョンアカデミーの評判】無料で学べてネットワークエンジニアになれるって...

【マイナビジョブ20'sの評判】マイナビエージェントとの違いも含めて解説します