【 あなたはどれだけ当てはまる?】薬剤師の恋愛と転職の4つの話

薬剤師さんはどういう日々どういう業務をこなしているかしっているでしょうか?また出会いってあるでしょうか?

「処方箋持って行ったら作ってくれるんでしょ?」「少人数で仕事しているイメージで出会いがなさそう・・・」今回は薬剤師の業務はどういったものなのか、出会いってあるのだろうか?お話をしていきたいと思います。

薬剤師は出会いがあるのか

ドラッグストアや医薬品が置かれている特大ショッピングセンター、病院で大活躍する薬剤師さん。

真面目に普段から淡々と仕事をしているその姿はとてもスマートで格好いいですよね。

そんな薬剤師さんは出会いがあるのか気にしている人もいますし、恋愛に関しては割と薬剤師になりたい人たちも気にしている問題らしいです。

ドラッグストア勤務だった私は薬剤師の友人Yさんや、現在会社で本部勤務をしている当時の薬局長のKさんに話を聞いてみました。

期待をして「実際恋愛とか出会いってありますか?」と質問してみたところ、「ない」と一言失笑されてしまいました。

しかし安心してください続きがあります。

というのも薬剤師になるのに、
・薬科大学に入学→6年在学するので出会い有
・就職してからも合コン
・職場でも男女同じ世代がいれば十分に出会い有
と案外恋愛が出来る環境がある事が分かりました。

ですが、勉強や仕事と恋愛を両方こなせるかが実に問題だと真剣に考えていました。

ただ狙って恋愛しようとしてもそれは薬剤師職でなくても、上手くいくかなんて分かりませんよね。

自分でいいなと思って恋愛をしようとしても、計画的に近づいていって成功するかなんて分かりません。

20代の方々は皆さん運命の人に出会って恋愛を謳歌していますが、Kさんはずっと計画的に恋愛をしようとして今でも独身だと言っております。

やはり自然が1番ですね。

職場で恋愛する人の数

次にどれくらいの人は職場で恋愛するのかを教えて貰いました。

これは私もかなり興味があったので、YさんやKさん跨ぎでお話を伺えました。これがなんと知り合いを含めると「6割」らしいです。

もちろん全国トータルの数ではありませんが、30名程伺った際に出た数字です。お声が多かったのを挙げてみます。
・仕事が忙しい中、その人と話してたら発展した
・ドラッグストアの中にある調剤で働いていたら、ドラッグストア側の従業員と発展した
・いつも来る患者さんから告白された
という声が多かったです。

確かに職場が限られていて、なかなか外のイベントや自分の時間が無い時って皆さんならどうでしょう?

疲れた時なんかお疲れ様と気兼ねなく話せる人がいたら、段々恋愛感情を持ち始めるかもしれません。

2つ目の調剤とドラッグストアの従業員の発展は結構あるある話なんですよ。

結構大きな会社に勤めている時には薬剤師さんと私の休憩が被って、趣味が合っていたので大笑いしながら話していました。

帰り道も一緒に駅までという事もあったので発展しやすいでしょう。

3つ目は少し驚きましたね。

確かに様々なお客様や患者様が来られますが、そこから恋愛に発展するというのはあまり聞いたことがありませんでした。

しかも話すとしてもそんなに世間話が出来るような状況ではないと思います。そこのところを突っ込んで聞くと、患者さんの方から連絡先をお会計時に渡してきた事から発展したそうです。

それは患者様の度胸が大いにあるなぁと私も驚きました。

意外と転職する人も?

そういった様々な出会いがあって転職?と思われるかとは思うのですが、割と転職する薬剤師さんというのは多いそうです。

実際、職場ではもちろん異動等があって1つの職場に落ち着く事はありません。

忙しい業務をこなしていてる中で急に異動命令というのも珍しくない業界です。

そこに不満を持つ方もいれば、給与や本部による評価に最も不満を持っている方も多いです。

「え?低いとは言っても薬剤師なんだから、たくさん貰ってるんでしょ?」確かに他の職種に比べて大変需要もあり、人気職でもあります。

大体勤続3年くらいで年収が500万というのが平均的です。男性も女性もその差は大体50~70万程の差があるのではないでしょうか。

どの企業に就職をしたとしても確かに他の業種よりは高いんです。

ただそこまで動かずに残業もなしに帰られて500万・バリバリお客様対応やクレーム、事務に追われて残業で500万。

どちらが良いでしょうか。

前者ではないでしょうか?これも企業によるので運というのも掛ってきます。

これまで恋愛や出会いについて語ってみましたが、どんなに頑張っても仕事量と給与が見合わないのでは転職を考えてしまうのも無理ないかなと私は思います。

実際に転職を考えている友人もいました。

ですが、個人で知らない企業に頑張って転職出来ても、同じ事の繰り返しだと怖いので転職エージェントにサポートをお願いしたようです。

エージェントはカウンセリングをして相談者に合った企業を提案、社内の雰囲気も聞けば教えてくれるので転職失敗の可能性が低いでしょう。

結婚後の復帰

様々な恋愛パターンがあり、そこから結婚した方が数人いらっしゃいました。

男性ならそこから更に頑張ってバリバリ働いて昇格という話もありますが、女性は結婚してからすぐに妊娠して退職というパターンが多かったです。

結婚しても仕事が好きだから数年経ってから退職された方もいましたね。すぐ妊娠したとしても子供が産まれる前までは、仕事量を減らす・時間短縮制度を使って働いている方が多かったみたいです。

今の福利厚生は女性に優しいものが多くて私も安心しました。

知り合いの会社では出産前に退職をして子供が2~3歳になった頃には、再雇用してもらう制度があるみたいです。

それなら仕事も慣れていますし、変にストレスもかからず助かりますね。

正社員でなくともパートとして働ける環境があるみたいなので、好きな仕事も出来るし子供との時間もしっかり持てるメリットだらけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

浮気や不倫というのは本来宜しくないイメージはありますが、仕事が忙しくてその環境を共にしているから発展するというのは、この業界だけではないという現状ですがしっかりと責任を持てないといけない事です。

気をつけていきましょう。

そして、女性に優しい環境が整っているのはセルフメディケーションを常に考えているドラッグストア企業だからこそかもしれません。

是非、読んで頂いて何か皆様のヒントとなれば嬉しいです。

 

関連記事

介護職が異業種への転職を成功させる方法

【看護roo!の評判】手厚いサポートと豊富な求人が自慢!地方でも使えるの?

【看護のお仕事の評判】派遣の求人も充実!でも本当に信用できるサービスなの?

【保育士バンクの評判】好条件の求人が多いってホント?信頼と実績の運営会社だから安...

【きらケアの評判】未経験でも大丈夫?正社員・派遣など希望に沿った働き方も可能!

【マイナビ介護の評判】高収入の求人が多いってホント?信頼と実績の運営会社だから安...